HOME 超高性能インプラント解析診断ソフト「BioNa」

成功率を限りなく100%に近づけるために
超高性能インプラント解析診断ソフト「BioNa」

インプラント解析ソフト『BioNa』とは

『ビオナ (BioNa)』 とは、最新のCTスキャンを用いて撮影した画像データを元に、患者さんの顎の骨を3Dで表示するための解析ソフトであり、近年インプラントの学会にも出展され注目を浴びている、世界初の革新的国産技術を搭載した非常に高性能なインプラントシミュレーターです。

表示された画面を見た患者さんが「おぉ~」と感心されるほど精密な3Dモデルを使用したシミュレーションデータを施術前に患者さん自身の眼で見てご理解・ご納得いただくことで、より安心して治療が受けられると好評をいただいております。

南館歯科クリニックのインプラント成功率への想い

患者さんの負担を最小限に

このインプラント3D解析ソフトを導入したきっかけは、当院の患者さんに、肉体的にも精神的にも負担が少ない治療を提供したいという想いからです。
患者さんの中には、インプラントに対して“怖い”という印象を持たれている方が少なくありません。その中で「どうやったら患者さんの怖さや不安を軽減できるだろうか」と考えた結果が解析ソフトの導入でした。

今までももちろん、低リスクで低侵襲(できるだけ痛くない・ダメージが少ない)な治療を行ってきましたが、解析ソフトの導入で、さらに患者さんへの負担が少ない治療を提供できるようになったと確信しています。

治療成功までのレール

低リスク・低侵襲の治療を進める上で大いに役に立っているのが、このサージカルガイドと呼ばれる『型』でしょう。
これは解析ソフトのデータを元に患者さんのお口の状態を正確に反映し作製されます。
この型には穴が空いており、その穴に人工歯根(インプラントの土台)を埋め込むための穴を形成するドリルを通すことで、正確な位置に人工歯根を埋め込むことができます。
つまりサージカルガイドは治療を成功に導いてくれるレールなのです。

自分の家族にも受けさせたい治療を

このように解析ソフトを用いることで、患者さんにとって負担の少ない治療を“見える形”で提供できるようになったということが一番の成果だと感じています。
今まではレントゲンやCTの写真を使って、口頭で「ここをこのように治療します」ということを伝えていたのですが、解析ソフトを導入したことで、“口の中のどこの位置に”“どれくらいの長さの人工歯根を”“どれくらいの角度で”埋めるかが一目瞭然となりました。

これで患者さんの精神的負担はかなり軽減されたと思います。
愛する自分の家族がインプラント治療をする際に、受けさせてあげたい理想の治療を、患者さんに提供できるようになったと実感しています。

患者さんの負担を軽減する最新技術 サージカルガイド

サージカルガイドとは、インプラント手術時に骨に人工歯根を埋めるための穴を開けるドリルを、最適な位置に導く『型』のことです。
インプラント解析ソフト『ビオナ (BioNa)』を用いることによって、患者さんの歯や骨、歯ぐきの状態を正確に把握できるので、この世に一つしかないあなただけの型を作ることができます。

このサージカルガイドを使用してインプラント手術を行うことによって、インプラントの安全性・正確性が飛躍的に向上します。