HOME サージカルガイデットサージェリー

インプラント治療の精度と安全性を飛躍させる
サージカルガイデットサージェリー

サージカルガイドとは

インプラント治療とは、専用のドリルを使用し顎骨に直径約3~5mm、深さ約8~12mm程度の穴をあけ行う処置ですが、その際ドリルの位置や深度、角度などを正確に導き、またドリルのぶれなどのテクニックエラーが起きにくいように保持するための器具が「サージカルガイド」です。
このサージカルガイドの使用によって、インプラント治療の最大のリスクであるドリリングの不具合を最小限に抑えることができます。
当クリニックでは、インプラント治療において、より安全で正確な治療を行うことを最優先に考え、世界初の革新的国産技術搭載のインプラント3D解析シミュレーションソフトを導入し、綿密な治療計画の立案を行っています。
また、そのデータをもとに、コンピューター管理のもと精密に作製されるサージカルガイドを使用し、治療計画に基づいた安全・正確かつ外科的侵襲のより少ないインプラント治療を行っております。
サージカルガイドは、インプラント手術の安全性向上、手術時間短縮、身体的及び精神的負担軽減に貢献します。

従来の治療法とサージカルガイドを使った治療法の比較

表 一般歯科医院と南館歯科クリニックのインプラント治療フローの比較

一般歯科医院の場合 南館歯科クリニックの場合
インプラント手術の
概念図
手術方法 残された歯や粘膜の位置から推測してフリーハンドでドリルする。 3次元像CT画像に人工歯根の埋入位置をシミュレーションして、CAD/CAM製作したサージカルガイドをガイド孔に合わせてドリルする。
安全性 位置決めが難しく、医療事故や不適切な処置が起きる危険性がある。 骨や神経の正確な位置情報に基づきサージカルガイドが設計されているため、手術の安全性が高い。

サージカルガイドの作製方法(CAD/CAM作製)

事前に患者さんのアゴの石膏模型をお作りし、それに合った専用のテンプレート(マウスピースのような物)を口腔内に装着しCT(コンピューター断層)撮影を行います。
そのCTデータをインプラント専用の高精度解析ソフトで立体画像化し、歯科医師がソフト上で、一人一人の患者さんそれぞれに最適なインプラント手術計画を決定致します。
その計画に従って安全・正確に手術を進めるために、3次元立体プリンターで「サージカルガイド」をお作りしております。
当クリニックのサージカルガイドは口腔内の骨や神経管の高精度3次元情報を基に設計・造形されるため、歯肉を剥離しない低侵襲なフラップレス手術を行うことも可能です。
CAD:精査された3次元CT顎骨像に対し触力覚感知デバイスを用い、独自のノウハウから症例毎に最も適したデジタルワックスアップを実現します。
CAM:設計データを3次元積層造形装置(EDEN 260)に送出し、インクジェット方式で樹脂を積層(16μm)させ、高精度なサージカルガイドを造形します。