HOME 精密根管治療(マイクロエンド) 根管治療とは?

根管治療とは?

根管治療とは、根管内の細菌感染により歯根の先の部分に膿みが溜まって腫れたり痛んだりした場合、または無症状で根の先の周りに感染が広がった場合に、原因である細菌を除去し、根管および根尖周囲組織をきれいにする治療のことです。また感染した歯髄(神経)を取る治療(抜髄)も含みます。歯周病治療と比較すると、耳慣れない地味な治療かもしれません。

被せ物や詰め物を建物に例えると、患者さんの目には見えないという点で根管治療は大事な基礎工事に該当します。基礎工事がしっかりされていなければ、建物は何年か後に崩壊してしまいます。根管治療もこれと同じです。また痛みや感染がおきると、たとえ上にどんなに高価な被せ物をしたとしても、砂上の楼閣となり、すべて壊してはずさなければならなくなります。すべてが無駄になるということです。これは決して好ましい事ではありません。当クリニックでは、「根管治療」の大切さをご理解いただきたいと思っています。

根管治療は、もちろん歯を抜いてしまえば行う必要はありません。
しかし、歯を抜くことは、一時しのぎの治療でしかなく、歯は一本でもなくなると残存歯の歯列に影響を与えるため、安易に抜歯はおすすめできません。
(残念ながら、抜歯が必要な場合もあります。)

また、抜いたままにしておくわけにはいかないので、費用と時間をかけて欠損歯の治療(インプラントやブリッジ、入れ歯など)をする必要性が出てきます。

一方、根管治療は、治療に時間がかかりますが、大切な歯の寿命を延ばすことができるとても重要な治療です。さらに根管治療は、再治療が困難と言われている上に、歯の構造上、何度も再治療ができるわけではありません。
虫歯で神経の治療(根管治療)が必要になった場合、はじめにどういった治療をするかが、歯の寿命に大きく影響してくるのです。
誰でも出来る限り歯を失いたくはないと思います。根管治療は時間がかかり複雑で難しい治療ですが、歯を守るためには必要なのです。

「確実で安全性の高い治療を目指すために」当クリニックでは、マイクロスコープやラバーダムを使用した精密根管治療を行っております。

症例実績を紹介
患者さんの素敵な笑顔
歯の健康を維持することができれば自然と笑顔も溢れます。
患者さんからの喜びの声、症例を紹介します。
ご予約から治療までの流れ