HOME 精密根管治療(マイクロエンド) 治療コンセプト

治療コンセプト

根管治療は、根っこの先に病気(正式名称:根尖性歯周炎)ができてしまうことを未然に防ぐ、またはできてしまった病気を治す治療です。
治療において大切なのは、治療を行う際、根管内が再感染しないようにすること、すでに感染しているものに関しては、細菌および汚染物を可能な限り取り除き、根管内を可及的に無菌状態に近づけることです。
そしてそのきれいになった根管を緊密に封鎖し、根尖病巣が出来にくい環境をつくること、または一度病気になってしまった根尖周囲組織が回復する環境を整えることを目的としています。

根尖性歯周炎は、根の先に炎症が起こる病気です。進行すると根の周りの骨が破壊されるのでレントゲンで黒い影が見えるようになります。
症状としては、痛む、腫れる、咬むと痛い、違和感などがありますが、無症状で進行する場合もあります。身体の抵抗力が下がったときに、症状がでるというのも特徴的です。
しっかりと治療をすれば回復しますが、治療しなければどんどん大きくなることもあります。

被せ物・詰め物を除去した直後の感染した状態

古い被せ物と金属の土台を除去したところです。

根の病気(根尖性歯周炎)は、根の中に細菌が侵入することで起こりますが、細菌の侵入(感染)がなければ、問題は起こりません。

では細菌感染はどこで起こるのでしょうか?
もちろん虫歯や歯周病で感染するのは言うまでもありませんが、問題は治療中の感染です。
お口の中(唾液や歯垢)には、大量の細菌が存在します。
治療を行う際、この細菌が根管内に容易に侵入できる、またはしてしまう環境にあれば、治療しているのか、根管内を汚しているのか(感染させているのか)わからなくなってしまうのです。ですからいかに治療している根管に細菌が侵入しないようにするかが、治療の成功には不可欠なのです。

そこで必要になってくるのがラバーダム防湿という方法です。ゴムのマスクのようなものですが、これをすることにより、唾液による細菌の感染を防ぐことができます。さらに使用する器具の滅菌やできるだけディスポーザブル化(使い捨て)することで、根管が感染してしまう機会を可能な限り減らすことができるのです。

ラバーダムを装着した状態

根管治療中の状態

根管治療は、歯科治療の分野において難しいとされています。
治療したはずなのに、なんでまた再発するのだろう?と疑問に思われたことがあるかと思います。そして、症状がでるたびに再治療を繰り返されている方も多いと思います。大人の歯は、一生に一度しか生えない貴重な臓器です。失ってしまえば元に戻ることはありません。しかし、再治療を繰り返すうちに、歯はどんどん削られ、薄く脆くなり、最後には割れてしまいます。割れた歯は、状況にもよりますが、残念ながら抜歯となってしまうことがほとんどです。

現在、日本で行われている保険適用の根管治療(一般治療)は、世界では最低水準と言われています。治療費に関しても、欧米諸国や近隣のアジア諸国と比較しても、圧倒的に安く抑えられているため、根管治療の成功を左右する大切な無菌的処置やマイクロスコープ下での非常に繊細で時間のかかる治療(これらは設備投資や人件費など非常にコストがかかります)は、現実的に不可能となっています。
保険適用での根管治療費の目安は、1回¥600~¥800 程度です。保険のルールを守って治療をすればするほど赤字に陥ってしまうという残念なシステムになってしまっているのです。
莫大な手間と時間がかかる治療であるのに国の保険制度では評価がゼロ(収益が上がらない)というのは信じられません。

根管治療が上手くいかない、再発を繰り返すなどの大きな原因は、治療中の根管への再感染と考えられます。また根管内、特に根尖に近い部位は、肉眼では見えないため、マイクロスコープがない場合、手指の感覚と極めて曖昧な経験に頼らざるを得ません。そのため感染している部位が特定できなかったり、神経の残骸や汚染物を取り残すリスクが高くなります。
治療において最も大切なことは、如何に無菌的な環境で治療を行えるかです。そのためには、医学的根拠に基づいて、しっかりとルールを守り時間をかけて治療を行うことが非常に大切です。

症例実績を紹介
患者さんの素敵な笑顔
歯の健康を維持することができれば自然と笑顔も溢れます。
患者さんからの喜びの声、症例を紹介します。
ご予約から治療までの流れ