HOME インプラント治療

5年先、10年先を見据えた
インプラント治療
患者さんの負担を最小限にすることを考えた
自分の家族にも受けさせたいインプラント治療を提供します。

インプラントとは?

インプラントとは?

歯を虫歯や歯周病、外傷などで失った場合に、入れ歯(義歯)が簡単には外れてこないように、骨に直接入れる人工の歯(人工歯根)のことを指します。歯を失った場合にはブリッジや入れ歯によって、なくなった歯の代わりとなる治療もありますが、このインプラントでは人工の歯で、自分の歯と同じように固い物を食べることができます。

詳細はこちら「インプラントとは?」

インプラント治療が不安な患者様へ
当院のインプラント治療が安心な理由

インプラント治療が不安な患者様へ当院のインプラント治療が安心な理由

インプラント治療は決してどこも同じではありません。かつては少数の医院でしかインプラント治療は実施していなかったものの、今では非常に多くの医院がインプラント治療を標榜しています。患者さんにとっては、治療技術は見えるものではなく、専門的で一般の方にはわかりにくいことと思います。そこで“南館歯科クリニックのインプラント”の特徴を挙げさせていただきます。

特徴1 インプラントの権威「国際口腔インプラント学会」の認定医が担当

インプラントの権威「国際口腔インプラント学会」の認定医が担当

ヨーロッパにて最大最古の歴史を持ち、権威あるインプラント学会「国際口腔インプラント学会」より認定を受けた、認定医が担当させていただきます。

特徴2 「国際口腔インプラント学会」山形県で第1号の認定歯科衛生士が担当

権威あるインプラント学会「国際口腔インプラント学会」より山形県で第1号の認定を受けた認定歯科衛生士が担当致します。

特徴3 高性能歯科用CTおよび医科用CTによる治療前の精密検査

歯科用CTだけではなく、提携医療機関で医科用CT検査を実施し、「インプラント治療が本当に可能であるか?」を、より正確に判断していきます。

特徴4 世界初の革新的国産技術を搭載した解析ソフトを使用

最新のCTスキャンを用いて撮影した画像を元に患者さんの顎の骨を3Dで表示する高性能なインプラントシミュレーターです。

特徴5 治療後10年間の保証制度

インプラント治療に不安をお持ちの方もご安心いただけるように、メンテナンスを欠かさない方には(最低3か月に一度を条件としています。)、保証規約に準じて10年間の保証制度を設けております。

特徴6 難症例でもインプラントを可能にする技術

サイナスリフト、ソケットリフト、All on 4、インプラントを入れたその日から噛める手術も可能です。他院で断られた方も諦めないでください。
※すべてのケースで可能という訳ではありません。

特徴7 インプラント治療後の予防専門プログラム

インプラント治療をした後は、できるだけ長くお使いいただけるように、歯周病専門メンテナンスプログラムを推奨しております。

特徴8 東北では第一号の骨再生治療(TE-BONE)の認定クリニック

日本初の骨再生治療法です。インプラント治療の際に、インプラントを入れる部位の骨の量が不足していると、そのままではインプラント治療を行うことができません。この技術により安全かつ短期間で骨を再生する方法が開発されました。

インプラントを受けるにあたり大切な歯科医院の選び方とは?

「インプラント治療はどこでも同じ?」そのようにお悩みの患者様も多くいらっしゃることも事実です。インプラントにおける歯科医院選びでは設備や機材以外にも大切な選ぶポイントがあります。

詳細はこちら「歯科医院を選ぶ大切なポイント」

インプラントにかける想い

患者さんの負担を最小限にしたインプラント治療

南館歯科クリニックのインプラントにかける想いは、ご相談いただいた山形の患者さんにとって肉体的・精神的にもできるだけ負担の少ない治療を提供したいということです。勿論、患者さんの中にはインプラント治療に対して“怖い”という印象を持たれている患者さんも決して少なくありません。

そういった中で「どうすれば患者さんのインプラント治療に対する怖さや不安を軽減できるだろうか・負担を少なくできるだろうか」と考えた結果、見つけたのがインプラント3D解析ソフトの導入でした。

今までのインプラント治療でも、もちろん低リスクで低侵襲(できるだけ痛くない・ダメージが少ない)な治療を行ってきました。しかし、超高性能インプラント解析診断ソフトを導入することにより、さらに患者さんへの負担を少なく、安心して治療を受けていただける体制が実現できるようになりました。

自分の家族にも受けさせたいと思える治療を

低リスク・低侵襲のインプラント治療を進める上で大いに役に立っているのが、”サージカルガイド”と呼ばれる『型』です。これは超高性能3Dインプラント解析診断ソフトのデータを元にし、患者さんの口腔内の状態を正確に反映し作製することができます。この解析ソフトを用いることで、患者さんにとって負担の少ないインプラント治療を“見える形”で提供できるようになったということが一番の成果だと感じています。

これまではレントゲンやCTの写真を使って、口頭で「(患者さんの)この部分をこのように治療します」ということをお伝えさせていただいていたのですが、解析ソフトを導入したことにより、“口の中のどの位置に”“どれくらいの長さの人工歯根を”“どれくらいの角度で”埋めるかが一目瞭然となりました。これによって患者さんの精神的負担は大きく軽減されたと思います。

愛する自分の家族がもしインプラント治療を受けることになった際に、自信を持って受けさせてあげたいと思える理想のインプラント治療を、患者さんに提供できるようになったと実感しています。

インプラント治療の流れ

初回相談からメンテナンスまでの流れ

インプラントには、大きく分けると1回法と2回法とがあります。1回法は、オペと同時に歯肉を貫通させる部品をインプラントに取り付けて縫合する方法で、2回法は、インプラントを埋入して一旦全て歯肉で覆います。骨とインプラントがインテグレーション(化学的結合)した後に、再度歯肉を開き、歯肉を貫通する部品を取り付け、上部構造を製作して装着します。
大半のケースは、インプラントと同時に骨造成(骨を増やすもしくは保護する処置)を行いますので、唾液に触れたり、物理的な刺激が加わると失敗してしまいます。ですから、基本的には2回法で確実に行っていきます。1回法は、手術の回数も少なく、結果として患者さんの負担も最小限で済むというメリットがありますが、様々な条件が揃った心配のないケースにしか行いません。

インプラントについてよくあるご質問

当院には山形を中心に県外からもご相談にこられる患者様も数多くいらっしゃいます。ここではよくあるインプラント治療に関するご質問をQ&Aで掲載させていただいております。

患者さんの素敵な笑顔。
歯の健康を維持することができれば自然と笑顔も溢れます。患者さんからの喜びの声、症例を紹介します。
ご予約から治療までの流れ