HOME インプラント治療 歯をなくしたときの治療法

歯をなくしたときの治療法

今まで歯をなくしたらどうしていたのか

歯が抜けたところに行う治療法には3つあります

治療法【1】・・・義歯(入れ歯)

治療法【2】・・・ブリッジ

治療法【3】・・・インプラント

インプラント治療のエビデンスがしっかりと整う以前は、欠損歯の両隣の歯を切削して行うブリッジとご自身で取り外しをする義歯(入れ歯)しかありませんでした。しかし現在はインプラント治療の医学的根拠が整備され、条件が整えばブリッジや義歯に替わり欠損部治療の第一選択になりつつあります。

「義歯(入れ歯)について」
歯を失ったときに行う治療のうち、今まで最も多かった治療は入れ歯でした。
しかし、インプラント技術が向上してきた今、入れ歯を選択しない人が増えてきています。
治療が簡便であるというメリットはありますが、入れ歯には「見た目が悪い」「噛む力が弱まる」「会話の時に外れる」など色々なデメリットもあり、最大の問題は、「残っている歯に大きな負担をかけ、寿命を縮める」ということでしょう。

「ブリッジについて」
次にブリッジ治療についてですが、なんといっても「両隣の健全な歯の寿命が縮まるリスクが高い。」という問題点が挙げられます。ブリッジ治療を行う際は、当然、両隣の歯を削らなければなりません。削るということは、やはり歯の寿命は短くなります。

そして、装着後にも両隣の歯には負担がかかります。
例えば1本歯を失った場合、前と後ろの歯を削り、3本分の噛み合わせの力を2本分で支えることになるため、その2本の歯にかかる負担はかなり大きくなります。(単純計算でも1.5倍の負荷がかかります。)
欠損が2本分であれば、さらに過重負担になる事が考えられますね。

また、両隣の歯とつながっているダミーの歯と歯茎との間の清掃が非常に困難なため、この間から虫歯や歯周病になる可能性が高まります。

「第一選択は?」
入れ歯にしてもブリッジにしても、両隣の歯(他の残存歯)に負担をかけることはご理解いただけたと思います。「負担をかける」とは、「両隣の歯もダメになる(=抜歯する)」ことに繋がるわけです。

つまり、入れ歯やブリッジが、隣の歯をダメにし、さらに大きな入れ歯やブリッジにするとさらにその隣の歯がダメになる・・・。
それを繰り返すことで、「総入れ歯」になってしまうわけです。

これが、今までの歯科治療の限界でした。
「誰でも年をとれば、入れ歯になるのは仕方ないね」
と思う方が多いかもしれません。

おじいちゃんやおばあちゃんを見ていると、そう思われるのも自然かもしれませんが、実は、この常識は、世界(特に欧米)では非常識なのです。
そう、その解決法が、インプラントなのです。