HOME インプラント治療 歯科医院を選ぶポイント

インプラント治療をどこでも同じ?

歯科医院を選ぶポイント

第二の永久歯といわれるインプラントは、異物を体内に入れるという歯科治療の中で難易度の高い治療です。そしてその治療を行うのは人間である歯科医師です。
どんなに素晴らしい設備や器材を導入していたとしても、それを使って治療を行うのは人間なのです。使い方や目的、治療の正しい理論を理解していなければ、結果は大きく変わってきます。歯科医師の考えや知識や経験、治療に取り組む姿勢、そして治療に対する「志し」が、結果や予後に大きく影響するのです。ですからインプラント治療だけでなく、他の治療に対してもどのようなコンセプトで取り組んでいるのかなども見ていただき、お互いの信頼関係のもと長くお付き合いできそうな歯科医院を選んでください。

治療の写真やデータがあるのか

選ぶ判断基準のなかで重要な項目に、自分のクリニックで行った治療例を自信をもって見せているか否かが挙げられます。よく治療例を歯科メーカーがつくるパンフレットから引用し、治療法だけ説明しているところがあります。
治療後の写真や動画、レントゲンは、まさにクリニックのレベルそのものです。技術の向上を目指している歯科医師は、自分の行った治療データは必ず持っていますし、逆にもっていなければ、本当に良い治療などできないのです。
本当に自信をもって治療に取り組んでいる歯科医院であれば、治療データを必ず見せてくれるはずです。

セカンドオピニオン、サードオピニオン

治療が大掛かりになればなるほど、複数の歯科医院で相談されてから医院を選ばれた方が良いと思います。(*もちろんセカンド、サードオピニオンは自己負担になります。)
口腔内は、100人いれば100通りであり、決して同じではありません。また個体差が大きいので、外科の内容も大きく変わることも珍しくありません。「あの人はこうだったから、私も同じ」と安易に考えず、まずは専門家である歯科医師に相談し、ご自身が納得したところを選ばれてください。その際、技術は勿論のこと、それ相応の設備も選ぶ基準になるでしょう。

治療でなにを望むかはそれぞれですが、どの医院でどの治療を選ぶかは患者さんが決めることなのです。