HOME インプラント治療 インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

初回相談からメンテナンスまでの流れ

インプラントには、大きく分けると1回法と2回法とがあります。1回法は、オペと同時に歯肉を貫通させる部品をインプラントに取り付けて縫合する方法で、2回法は、インプラントを埋入して一旦全て歯肉で覆います。骨とインプラントがインテグレーション(化学的結合)した後に、再度歯肉を開き、歯肉を貫通する部品を取り付け、上部構造を製作して装着します。

大半のケースは、インプラントと同時に骨造成(骨を増やすもしくは保護する処置)を行いますので、唾液に触れたり、物理的な刺激が加わると失敗してしまいます。ですから、基本的には2回法で確実に行っていきます。
1回法は、手術の回数も少なく、結果として患者さんの負担も最小限で済むというメリットがありますが、様々な条件が揃った心配のないケースにしか行いません。

インプラント治療の流れは次のようになります

1. 診断・治療計画

インプラント治療についてご相談いたします。
口腔内写真や歯周病検査、X線診査、口腔内模型診査、CT撮影による解析診断(現在のインプラント治療においては必須でしょう。)などを行い、インプラント治療が可能かどうかを診断します。

可能である場合は、資料をもとに治療計画を立て、術式、期間、費用、リスクなどインプラント治療に必要な説明を行います。

重要なのは診断であり、これが医学的根拠に基づいた正しいものでなければなりません。
誰しも大掛かりな手術は望んでいないと思います。現在は、できるだけお身体に負担を掛けない低侵襲なインプラント治療も可能ですので、あきらめずにご相談ください。

2. 初期治療

インプラント治療の原則は、まず口腔内の環境をインプラント治療が行える状態にすることです。虫歯や歯周病、他に欠損などの問題があれば、確実にインプラントにとってリスクです。

とくにインプラントは、歯周病にとても弱いため、インプラント治療を希望した場合、この治療は必須です。
しっかりとした歯周治療を行い、またセルフケア(ご自身によるブラッシング等)をしっかり行えるようにといった口腔内の衛生環境を整備します。

3. 一次手術(インプラント埋入)

麻酔をしたあと、小さな(直径4mm前後)ネジ状のチタン製インプラントを骨の中に埋め込みます。

当院では、安心・安全そして正確なオペを行うため、CT解析データを用いて作製するCAD/CAMサージカルガイドを導入しています。これまでのガイドとは、比べものにならいくらいの精度があり、危険な部位やズレが許されないような症例も安全にオペが行えます。術後の痛みや腫れを最小限に抑える低侵襲なインプラント治療を可能にします。

4. 回復待ち

インプラントが骨としっかり結合(インテグレーション)するまで、下顎の場合は2~4ヶ月、上顎の場合は3~6ヶ月程度待ちます。

個人差や部位によっても骨の状態は様々です。硬い骨やスポンジのような骨などいろいろです。それぞれのケースに合わせて最適なシステムで対応します。

5. 二次手術(アバットメント装着)

一次手術の際、完全に歯肉で覆っていたインプラントを、歯肉から貫通させる手術です。
1回法で行っている場合、この処置は必要ありません。
最近のインプラントは、期間短縮のため、インプラント埋入と同時に何らかの骨補填を行うケースが多くあります。そういったケースでは、感染させないことが重要なので、歯肉で完全に覆う2回法が選択されます。

6. インプラント上部構造のための型とり

インプラント周囲の歯肉が安定したあと、専用のシリコン材で精密印象(型とり)を行います。

インプラントレベルの印象(型とり)は、できる限り狂いのない正確なものが必要です。とくに複数本のインプラント上部構造となると、かなりシビアな印象精度が求められるので、数回に分けたり、専用の部品をカスタムで用意し、正確に記録をとっていきます。

7. 人工歯(上部構造)の装着

骨に結合したインプラントに、歯の代わりとなる人工歯を装着します。
装着方法には、セメント仮固定とスクリュー固定があり、ケースによって適した方法で装着します。近年スクリューで固定する方法が、メンテナンスのしやすさなどから見直されています。
インプラントは、天然歯の歯根膜といわれる優れた組織がないため、インプラント特有の咬合形態、様式を付与し、それらを理解したうえで装着しなければなりません。
マテリアルも審美性や機能性、生体親和性に優れた最新のもの(セラミック、ジルコニア、チタン等)を準備しております。これらは、プラークの沈着が少なく、インプラントにとって有利であるというデータもあります。

8. メンテナンス

インプラント治療終了後は、継続したホームケアと専門的なメンテナンスが不可欠です。

はじめのうちは、やはり短いスパンでのメンテナンスが必要でしょう。そこから2か月、3か月と状況をみながら期間を決めていきます。使い心地や咬み合わせ、清掃状況などのチェックを行います。

インプラント治療は、メンテナンスからが新しいスタートと考えましょう。

インプラントは、物理的に虫歯にはなりませんが、天然歯の歯周病と同じように周囲の骨が破壊されるインプラント周囲炎といわれる病気にかかる可能性があります。また咬み合わせの不具合や喰いしばり、歯ぎしりなどによる過重負担で、破折や緩みなどのトラブルが起こることもあります。

補綴治療(被せ物や詰め物、義歯、上部構造等)は人工物であり、今の現代科学では、残念ながら永久的に不変のものはありません。車もどんなに高価なものであっても、必ずメンテナンスは必要であり、そういった当たり前のことをしっかり行うことで、何十年も現役で活躍できるのです。それはインプラントも同じです。(補綴治療は全て同じ。)

その時々の状況により、調整や補修、部品の交換等は必要になりますので、継続したメンテナンスは重要です。