HOME インプラント治療 南館歯科クリニックのインプラントが安心な理由

南館歯科クリニックのインプラントが安心な理由

インプラント治療は決してどこも同じではありません

かつては少数の医院でしかインプラント治療は実施していなかったものの、今では非常に多くの医院がインプラント治療を標榜しています。
患者さんにとっては、治療技術は見えるものではなく、専門的で一般の方にはわかりにくいことと思います。
そこで“南館歯科クリニックのインプラント”の特徴を挙げさせていただきます。

治療前の緻密な診断

治療方針は、歯の喪失がどのような原因で起こったのかを考え、また口腔内全体を一単位として捉えて、計画することが大切です。
インプラントを埋入してから上部構造を考えるのではなく、埋入前に最終完成物を設計し埋入部位、本数を決定します。
これらのためには事前にたくさんの正確な資料が必要となります。

CTによる精密検査

提携医療機関でCT検査を実施し、「インプラント治療が本当に可能であるか?」を、より正確に判断していきます。
当クリニックでは、最新の医科用CTスキャンを用いたCT検査を推奨しております。
医科用CTでは、インプラント治療において重要な骨の形態、骨密度等を正確に診断することができます。

また当院では、歯科用CTで困難とされていた精度の高いCT値(骨の密度や形態を正確に評価するのに、とても重要な数値)を、医科用CTのそれと同レベルで出力できる歯科用CTも導入しており、これら医科用・歯科用CTを併用して、あらゆる角度から綿密に診断を行います。

超高性能インプラント解析診断ソフトBioNa(ビオナ)

3Dインプラント解析診断ソフト『BioNa(ビオナ)』 とは、最新のCTスキャンを用いて撮影した画像を元に患者さんの顎の骨を3Dで表示する、世界初の革新的国産技術を搭載した解析ソフトのことです。

近年インプラントの学会にも出展され注目を浴びている非常に高性能なインプラントシミュレーターです。

表示された画面を見た患者さんが「おぉ~」と感心されるほど精密な3Dモデルを使用したシミュレーションデータを、施術前に患者さん自身の眼で見てご理解・ご納得いただくことで、より安心して治療が受けられるとご好評をいただいております。

難症例でもインプラントを可能にする技術

インプラント手術において、通常の手術だけでは難しいケースがあります。

特に上顎(上あご)においては、鼻腔や上顎洞があるため、骨量が不足する場合が多く、難症例となる可能性が下顎より高いといえます。
そういった場合は、事前に正確な診査・診断を行っておかないとインプラントがうまく埋入できず失敗するケースがあるのです。
当院では、上顎洞底挙上術といって、上顎洞側壁からアプローチするサイナスリフトや、歯槽骨頂からアプローチするソケットリフトなどの手術法により、難症例に対応しております。

サイナスリフト法

骨が極端に薄くて通常ではインプラントができない場合や多数の歯が欠損している場合に行う手術法です。
通常、骨移植とインプラントの埋入を別々に行います。

ソケットリフト法

骨が薄くて通常ではインプラントができない場合に、骨を増やす処置を行いインプラントの埋入する方法です。
骨の移植と同時にインプラントの埋入を行えることが多いので、歯が入るまでの期間はサイナスリフト法より短いです。

治療後10年間の保証制度

インプラント治療に不安をお持ちの方もご安心いただけるように、南館歯科クリニックでは、インプラント治療後、通常の使用で、メンテナンスを欠かさない方には(最低3か月に一度を条件としています。)、保証規約に準じて10年間の保証制度を設けております。

治療後の予防専門プログラム

インプラント治療をした後は、できるだけ長くお使いいただけるように、南館歯科クリニックでは歯周病専門メンテナンスプログラムを推奨しております。
インプラントだけではなく、ご自身の歯を守るためにも、ぜひご検討していただきたいと思います。

インプラントを入れたその日から噛める手術もあります

すべてのケースで可能という訳ではありませんが、特に骨造成をした時や、骨質が悪いときなどは、入れ歯を入れたくありません。

入れ歯を入れることによりせっかく造った骨が吸収してしまったり、インプラントが生着しないことがあるからです。

この場合は、予定のインプラントのほかに、別の部位に暫間インプラントを打ち、これで噛めるようにして、予定のインプラントの安静を保ち、生着を待つ方法があります。

またオールオン4やオールオン6など、インプラント埋入における条件が整っていれば、入れたインプラントに直接仮歯を装着した状態で生着を待ち、インプラントが骨と結合したあと、最終的な上部構造に入れ替える方法もあります。

東北では第一号の骨再生治療(TE-BONE)の導入

TE-BONEとは、東京大学医科学研究所と株式会社TESホールディングの共同研究で開発された日本初の骨再生治療法であり、患者さん自身の幹細胞及び血清を用いて作製された培養骨を移植して歯槽骨を再生させる最先端の治療法です。

インプラント治療の際に、インプラントを入れる部位の骨(歯槽骨)の量が不足していると、そのままではインプラント治療を行うことができません。

そこでこういった患者さんが、インプラント治療を行えるようにするために、身体的負担が軽く、かつ安全で短期間に歯槽骨を再生する方法が開発されました。

「患者さんご自身の細胞を用いて歯槽骨を再生する」

この新しい技術は患者さんのニーズに合わせたインプラント治療を可能とします。

歯を支えていた骨(歯槽骨)は、歯周病や事故等で歯が抜け落ちた後、治療せずに放置しておくと、大きく痩せてしまいます。
この結果、歯槽骨の厚さが5mm以下になると、インプラントによる義歯の装着が困難になってしまうことがあります。
今まではこういった場合、 インプラント治療により義歯を装着するには、腰や顎の骨の一部を移植するか、人工骨を使った方法しか治療法が有りませんでした。

しかし、この方法では、健康な骨を傷つけるだけでなく、移植量によっては2~3週間の入院が必要となることがあるため、患者さんの身体的、
時間的負担が大きいことが問題でした。

しかし、東京大学医科学研究所と株式会社TESホールディングの共同研究で開発されたTE-BONEを使用することにより、健康な組織を傷つけることなく、身体への負担が少ない方法で不足した骨を再生し、インプラント治療を行うことができます。

このTE-BONEは、日本全国でも限られた歯科医院にしか導入されていない幹細胞を用いた日本初の画期的な骨再生治療法で、対応している歯科医院は、現時点(2012.12.31)で、南館歯科クリニックを含め全国で29医院のみです。

ちなみに、TE-BONEの治療を受けられる施設は、指定の研修を受講し、認定を受けた医療機関に限られます。当クリニックは東北地方で第1号の
治療認定施設に認定されました。

南館歯科クリニックは、患者さんの生活の質の向上に貢献していくことを目指しています。

症例実績を紹介
患者さんの素敵な笑顔
歯の健康を維持することができれば自然と笑顔も溢れます。
患者さんからの喜びの声、症例を紹介します。
ご予約から治療までの流れ