HOME インプラント治療 インプラント治療で起こるトラブル

インプラント治療で起こるトラブル

全ての医院で安心・安全なインプラント治療が受けられるとは限りません

インプラント治療をご検討中の方の中には、マスコミ等で「インプラントの問題」などが報道されていることをご存知の方も多いのではないでしょうか。
実際にインプラント治療の際にトラブルが起こる可能性は0ではありません。
ここではそういったトラブルと、それに対する当院の取り組みをご紹介します。

手術のミスで神経を傷つけてしまう

下顎のインプラント手術において、インプラントを埋入する部位が神経に近接している場合、その神経を避けて埋入しなくてはならないため、細心の注意を必要とします。
そのため、経験が浅い医師による手術や不十分な診査診断では、インプラントの埋入の際に神経を傷つけてしまう可能性が高くなります。

万が一、神経を傷つけてしまった場合は、一時的または永久的な知覚異常あるいは麻痺などが起こる可能性があります。

インプラントの位置や方向の計画ミス

インプラントと骨が完全に結合し固定しているにもかかわらず、インプラントの位置や方向に問題があるため、インプラントとして使用することができないということがあります。
この場合、インプラント治療前の診断と計画に問題がある可能性があります。

当院の安心・安全なインプラント治療への取り組み

これらのトラブルに対する当院の取り組みとしては、マイクロスコープや次世代CT、高性能3Dインプラント解析診断ソフト『BioNa』の導入などが挙げられます。
インプラント解析診断ソフト『BioNa』の導入は、今までCT写真やレントゲンなど二次元の画像を用いて行っていた診断・治療とは違い、インプラントを埋入する箇所を高精度の三次元画像で立体的に捉えることができ、また骨の厚みや密度、粘膜の情報も正確に把握することができるので、より綿密に診断を行うことを可能にします。

また、この正確な三次元画像診断データを元にCAD/CAM作製されるサージカルガイドを使用することによって、神経を傷つけるリスクや、せっかく埋入したインプラントが使用できなくなるというリスクを極限まで低くすることが可能となり、患者さんが心から安心・安全と思っていただけるインプラント治療を提供することができます。

症例実績を紹介
患者さんの素敵な笑顔
歯の健康を維持することができれば自然と笑顔も溢れます。
患者さんからの喜びの声、症例を紹介します。
ご予約から治療までの流れ