HOME 審美補綴治療 審美補綴の種類

審美補綴の種類

審美補綴治療にはいくつかの方法があります。
矯正治療やインプラント治療も広義の意味では審美治療と言えますが、ここでは歯冠修復についての治療法をご紹介します。

歯冠修復による審美補綴治療

ハイブリットセラミックによるダイレクトボンディング
ハイブリットセラミックス
セラミックス
ジルコニア
ファイバーコア
ホワイトニング

ハイブリットセラミックスによるダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは、小さい虫歯の部分を必要最低限だけ削り、その削った部分に高品質な歯科用ハイブリッドセラミックスを接着しながら盛り足して、歯の形態や色を回復させる治療法です。通常だと虫歯以外のと ころも削り、つめ物をしますが、虫歯のところだけを削って治療を施せるため、健康な歯質を保存できる治療法と言えます。

ダイレクトボンディング治療の症例実績はこちらから⇒症例実績

メリット
  • 銀歯に比べて歯を削る量を最小限におさえることができる
  • 樹脂含侵層の形成により虫歯の再発が極端に少ない
  • 天然歯に近い色と硬さ
  • 治療回数がかからない(基本当日終了)
  • 力のかかる部位にも使える
  • 補修ができる
デメリット
  • 術者の経験により、メリットが半減してしまう
  • 長期使用で多少の変色
  • 噛み合わせによって多少すり減る(歯を守るというメリットでもある)
  • 噛む力が強過ぎる場合、割れることがある(歯を守るというメリットでもある)

見た目:☆☆☆  耐久性:☆☆☆

ハイブリットセラミックス

高い審美性を持つ高品質樹脂でできた歯冠修復物です。天然歯より柔らかい材料なので、噛み合う他の歯を傷つけるなどの心配がないことが特徴です。基本的にダイレクトボンディング治療ができない比較的大きな虫歯が適応となります。

症例実績はこちらから⇒症例実績

メリット
  • 天然歯に近い色と硬さ
  • オールセラミックより安価で割れにくい
  • 力のかかる部位にも使える
  • 硬すぎないので、周りの歯にやさしい
  • 金属を使用しないので、金属の溶出によるアレルギーや歯肉の変色がない
デメリット
  • 長期使用で多少の変色
  • 咬み合わせによって多少すり減る(歯を守るというメリットでもある)
  • 歯を削る量が比較的多い
  • 噛む力が強過ぎる場合、割れることがある(歯を守るというメリットでもある)

見た目:☆☆☆  耐久性:☆☆☆

オールセラミックス(e-max)

透明感が高く、審美性に優れ、天然歯が持つ自然な美しさをそのまま再現することができる次世代のセラミックです。従来のセラミックに比べ、強度が高く、その優れた特性で、我々の業界でも高く評価されています。
金属を一切使用しませんので、「ブラックマージン」といわれる現象(かぶせ物と歯の境目に見られる黒い線)が起こることもなく、金属のイオン化による歯ぐきの黒ずみも起こりません。また最近では、人工ダイヤといわれる「ジルコニア」を使用し、耐久性をさらに向上させたものもあります。

症例実績はこちらから⇒症例実績

メリット
  • 天然歯にもっとも近い透明感のある美しさと色と硬さ
  • 変色せず汚れもつきにくい
  • 2次的な虫歯になりにくい
  • 金属を使用しないので、金属の溶出によるアレルギーや歯肉の変色がない
デメリット
  • 歯を削る量が比較的多い
  • 噛む力が強過ぎる場合、割れることがある(歯を守るというメリットでもある)

ジルコニア(人工ダイヤモンド)

ジルコニアとは、人工ダイヤモンドといわれる耐久性に優れた体に優しいセラミックです。スペースシャトルの外壁に使用されたり、医科では骨の代替材料として人工関節に使われるなど生体親和性に優れた、大変丈夫で安全な材料です。
現在、歯科の分野では、金属アレルギーの問題などからセラミックによる治療が注目されています。ジルコニアは、耐久性、耐食性、耐熱性に優れ、美しく、生体親和性も高いことから、金属に代わるものとして最も注目される材料です。

メリット
  • 天然歯に近い美しさと金属並みの強度があり、現在の歯科審美治療の最高峰
  • 変色せず汚れもつきにくい
  • 2次的な虫歯になりにくい
  • 金属を使用しないので、金属の溶出によるアレルギーや歯肉の変色がない
デメリット
  • 金属冠に比べ歯を削る量が若干多い
  • 噛む力が極端に強すぎる場合、割れる事がある(歯を守るというメリットでもある)

見た目:☆☆☆☆  耐久性:☆☆☆☆☆

ファイバーポストとは

進行した虫歯では、神経や虫歯になった歯を取り除き、土台を入れずにかぶせ物治療をしても、空洞ができ、すぐ外れてしまいます(下図参照)。そこで歯の土台になる部分(これをポストといいます)を作ります。その材料には①ファイバーポスト、②金属ポストがあります。

ファイバーポストと金属ポストの違い
特徴その1

金属製のポストは硬すぎる(人の歯の硬さの約6倍)ので、強い力が歯に加わると歯の方が支えきれずに折れてしまうことがあります。しかし歯の硬さとほぼ同じファイバーポストならば歯と一体になってしなるため歯を折れにくくします。また、金属を使用しないので現代病といわれるアレルギーの一つである金属アレルギーの心配もありません。

特徴その2

私たちの歯は、光りを良く通すため、白く明るくしかも自然な透明感もあります。しかし、金属製のポストは全く光を通しませんので、歯肉と歯の境目が暗く不自然になってしまいます。ところが、ファイバーポストは歯のように光を通すのでとても自然な感じになります。(上写真)さらに金属イオンにより歯肉がやせたり、黒ずむのも防ぐことができます。

症例実績を紹介
患者さんの素敵な笑顔
歯の健康を維持することができれば自然と笑顔も溢れます。
患者さんからの喜びの声、症例を紹介します。
ご予約から治療までの流れ