HOME 奥歯のインプラント治療および前歯の審美補綴

奥歯のインプラント治療および前歯の審美補綴

2015.07.23 | Category: インプラント

こんにちは。

南館歯科クリニックの木村です。

右下大臼歯欠損部をインプラント治療で、
前歯を審美補綴(ブリッジ)で治療したケースをご紹介します。

治療前の状態です。
image0723_1
image0723_2
image0723_3
右下は入れ歯を装着されていましたが
どうしても使えないとのことで
インプラント補綴としました。

前歯部は
初診のレントゲンや写真でもわかるように
中央の歯が保存不可の状態でしたが
患者さんがどうしても残したいと希望されたようで
なんとか仮歯で固定されていまいた。

相談した結果
両隣の歯への影響等を考え
どうしても助けられない中間の歯を抜歯し
ブリッジ補綴で治療を行いました。

治療後です。
image0723_4
image0723_5
image0723_6
image0723_7
歯周病もかなり進行していたため
補綴治療(インプラントやブリッジ等)に入る前に
歯周専門治療を行い
口腔内環境を徹底して改善しています。

特に
インプラント治療を行うにあたり
歯周病のリスク管理は最重要項目です。

かりに
オペが成功したとしても
歯周治療および管理が不十分であれば
インプラントは早期に感染を起こし
ダメになってしまいます。

インプラント治療を
まるで魔法の治療のように
お考えの方がいらっしゃいますが
決してそのようなことはなく
医学的に必ずクリアしなければいけないハードルがあります。

これを無視して
治療を進めていけば
必ず問題が起こってしまいます。

○○さん
十分にご自身のお口の中についてご理解いただき
またその目的のために
本当に頑張っていただきありがとうございました。

まだ治療は続きますが
目標のために
一緒に頑張りましょう(^^)