HOME 奥歯のインプラントオペ

奥歯のインプラントオペ

2015.07.30 | Category: インプラント

こんにちは。

南館歯科クリニックの木村です。

右下のインプラント治療の症例をご紹介します。

部位は第2大臼歯といわれる
一番奥の歯になりますが
さらに奥にオヤシラズがあり
そのままではスペース的に
インプラントの埋入が出来ないため
オヤシラズの抜歯と同時にオペをした症例です。
image0730_1
オペ中です。

インプラントの奥の大きな穴が
オヤシラズがあったところです。

CT解析データから作製するサージカルガイドを使用し
シミュレーション通り
正確な位置に埋入できました。
image0730_2
image0730_3
使用したガイドです。

*南館歯科クリニックのサージカルガイドについては、
こちら からどうぞ。

この症例は
もともとオヤシラズと
今回埋入したインプラントの手前の歯とを連結した
ブリッジ治療がしてありました。

違和感があり
ブリッジを除去してみると
土台になっている2歯とも2次虫歯になっており
手前の歯は
神経まで虫歯が感染していました。

ブリッジの場合
こういったトラブルは本当に多いです。

相談の結果
無理くり土台として使用していたオヤシラズは抜歯し
また
2次虫歯で神経まで感染を起こしている歯は
専門根管治療で温存し
単独で被せ物をして
ブリッジの中央にあたる部分を
インプラントで治療することとなりました。

インプラントの手前の歯は(写真上)
ジルコニアで被せ物を製作しています。

この歯は
2次虫歯で神経の感染や
根管内に穴が開いてしまったりと
状況は良くありませんでしたが
マイクロスコープ下で
その穴の補修などを行い
保存しました。

○○さん
頑張っていただきありがとうございます。
*ちなみにこの方は反対側の奥歯もインプラント治療をしています。

インプラントが骨と結合するまで時間がかかりますが
ご自身の歯と同じように回復します。
楽しみにしていてくださいね(^^)