HOME なぜ歯周病は危険なのか

なぜ歯周病は危険なのか

2015.10.27 | Category: コラム

歯周病と聞くと、口の中や歯に影響がある病気と思いますが、実は歯周病は全身に影響を与える可能性があると歯医者さんや歯科医院では言われることがあります。そのため歯周病ケアをしっかり行う必要があるのです。

歯周病と歯医者さんで診断された人は、きちんと治療しておくことをおすすめします。

歯周病予防の歯磨き粉を使用するのも良いです。歯周病菌が全身にまわると、心臓病のリスクもあると歯科医院では言われます。

他にも脳卒中や糖尿病のリスクも高まるとされています。そう聞くと、放置しておいてはいけないものであることが良く分かります。

他にも肺炎や気管支炎のリスクも高まるとされています。歯周病を歯医者さんや歯科医で治療する場合、症状がどの程度かによって治療方法が異なります。軽度であれば歯石を取り除くだけで良いのですし、費用もそんなにかからず治療を完了させることができます。しかし重症化してしまった場合は、外科的な施術を行わなければいけなくなります。

定期的に歯医者さんに行くことで、検査を受けられるので、歯周病を未然に防ぐことができますし、軽症の状態で治療をする事ができますので、重症化する前に歯科医への定期的な受診をおすすめします。歯周病が悪化してしまうと歯が無くなってしまいます。みなさんいつまでも自分の歯で食事を楽しみたい、健康な歯を維持したいと思っていると思いますので近くの歯医者さんに行くようにしましょう。