HOME 歯医者のセカンドオピニオンとは

歯医者のセカンドオピニオンとは

2015.10.28 | Category: コラム

体調が悪くなったときは医療機関を訪れ、専門の医師に診てもらうことになります。しかし、診察を担当した医師の専門分野と異なる症状だったりすると判断を間違えてしまう可能性があるため、セカンドオピニオンを受けることが推奨されています。セカンドオピニオンというのは、異なる医療機関・医師にも診察してもらってアドバイスを受けることです。複数回の診察を受けることで、より確実な判断をすることができます。

セカンドオピニオンは、内科や外科などの診療科に限られていることではありません。歯のトラブルであれば歯科で診察してもらうわけですが、歯の場合でもセカンドオピニオンは重要なのです。複数の歯医者に診てもらい、適切な対処をすることが必要になります。歯科の数は非常に多くなっていて、診療実績や技術力に差があるケースも目立っています。セカンドオピニオンを受けるようにしないと、本来であれば抜かなくてもよい歯を抜くことになったり、治療時の痛みが大きくなったりするのです。

また、歯科によって対応している診療科が異なっていることにも注意しなければなりません。診療科というと内科などの医師の問題だと思われがちですが、歯医者の中にもさまざまな診療科があるのです。一般的な虫歯の治療であれば多くの歯医者が対応していますが、特殊な治療の場合は対応していないこともあります。セカンドオピニオンを受けるときも、きちんと対応しているところを見つけることが大切です。