HOME 歯周病を避けるために気をつけること

歯周病を避けるために気をつけること

2015.10.31 | Category: 未分類

歯医者へ行くのが億劫宇で、歯石の除去を1年ほどサボっていたとき、歯科医さんから「ちょっと歯周病が見逃せないレベルになっている」と言われてしまいました。歯科助手さんの検診後に口をゆすいだ時、思った以上に血が出ていたのが、気になっていました。説明によると細い針を歯ぐきに当てると、すぐに出血してしまう状況で、奥歯の方は1~5段階の、第3レベル、第4レベルまで症状が進行しているとのことでした。
虫歯はなかったのですが、歯周病になっているということでショックを受けました。たった1年、歯科に通わなかっただけでこんな状況になるのかと愕然としました。歯医者さんいわく、私は歯並びが悪いため、最低でも半年に1回は歯科で歯石除去と検診をした方が良いとのことでした。
下の歯の歯石を取り除てもらい、次回に上の方の歯石除去をしてもらいました。そして、さらにもう一回仕上げと、歯周病の状態を確認するために歯医者へ通いました。
3回目の検診で、歯石を除去するだけで歯周病はずいぶんマシになっていると言われました。ただ、歯を磨くときに奥の方がちゃんと磨けていなかったそうで、歯磨き指導を受けました。子供でもないのに、歯磨きの指導を受けるとは思っていませんでした。
今また、半年ほど経っているので、そろそろ歯科へ予約を取ろうと思っています。歯周病用の歯磨き粉も使っているし、前回よりはマシかなと思っているのですが、自分では自覚しないまま歯周病は進行するようなので、ちょっと怖いですね。