HOME 精密義歯治療 

精密義歯治療 

2017.02.08 | Category: 症例実績の記事一覧,精密義歯

こんにちは。南館歯科クリニックの木村です。

精密義歯治療の症例をご紹介します。

この方は、長年治療の必要性を感じていましたが、お仕事で時間がとれず、そのままになっていました。
見た目もそうですが、やはり食事が摂れなくなり、何とかしたいという思いで来院されました。

初診の状態です。

来院当初、インプラント治療をご希望されていましたが
何度かご相談した結果、今回は精密義歯で治療を行うこととしました。

治療途中です。

顎の位置決めをするための装置を製作し、同時に動きも記録していきます。
上の写真にあるように、プレートに下の顎の動きが記録されているのがわかります。この状態で装置を固定し、咬合器(顎の動きを再現する器械)に装着し、人工歯の排列や咬合様式を決定していきます。

 



人工歯を排列し、口腔内での試適の状態です。
口元の雰囲気(形態)や、吸着も問題なく、開口時の浮き上がりなどもありませんので、これで完成としていきます。

無事、完成です!

  

このケースも他と同様、先ずは治療用義歯を製作し、粘膜の安定や吸着の有無、顎位(顎の位置)の安定を図っていきました。

欠損や歯周病による残存歯の動揺、顎位が崩壊した状態で製作された義歯の使用、それに伴った顎位のズレなど、とにかく大変な状態でした。それに加えて解剖学(骨格)的にも義歯には不利なケースでした。

入れ歯治療は、最終形を想像しにくい治療で、患者さんも不安があったと思いますが、少しずつ改善し、治療義歯の安定もとれてくると、だいぶ治療に前向きになって頂いたように思います。

調整や記録どりを何度か行い、少しずつその方の口腔内に調和した状態を探っていきながら、快適な入れ歯を作っていきます。

○○さん、長い期間、治療にご協力頂きありがとうございます。大事にしてくださいね!

インプラント治療は、条件が整えば、とても快適な治療です。しかし適応を無視した形で治療を行えば、たちまち不快なものとなり、決して満足のいくものではなくなります。

その場合は、やはり義歯治療という選択になりますが、これもしっかりしたものを製作できれば、インプラントとまではいかないまでも、ある程度満足のいく義歯ができます。

また義歯には義歯のメリットもあります。唇側の骨が高度に吸収したケースなどでは、義歯で唇の形態をしっかり回復することができるので、想像以上に口元が若々しくなったりします。

勿論、義歯であることには変わりありませんので、義歯特有のデメリットは避けて通れません。

しかし何が何でもインプラントが良いという訳ではなく、状況、状態によっては、義歯の方が適していることもあります。

治療でお悩みの方は、一度ご相談ください。良い解決法があるかもしれません。