HOME 審美治療 ダイレクトボンディング編

審美治療 ダイレクトボンディング編

2017.05.19 | Category: 症例実績の記事一覧,ダイレクトボンディング治療

こんにちは。
南館歯科クリニックの木村です。

左下大臼歯の審美治療ダイレクトボンディングの症例をご紹介します。

当クリニックは、虫歯の除去や充填の際も、マイクロスコープを使って精度の高い治療を行っています。またこの治療は、唾液などの水分に影響を受けやすいので、ラバーダム(ゴムのマスク)を使用し、材料のパフォーマンスが低下しないように注意しながら治療を行うことが大切です。

実際の治療動画がこちらです。

マイクロスコープ下で、虫歯の取り残しがないよう注意しながら徹底して除去し、その際、健康な歯質はできる限り温存するようにしています。

その後、特殊な薬剤で歯面を処理し、顕微鏡下で隙間ができないよう少しずつ積層充填で形をつくっていきます。この作業が、2次虫歯の発生を防ぐ大切な工程の一つになります。
ダイレクト治療は、特に初期の虫歯においては、そのメリット(2次虫歯の予防)は大きいと思っています。

しかし、既に銀歯で治療してあり、またそのほとんどが2次虫歯になっていることが多いため、温存する歯質が少なく、残念ながら、すべてにおいてダイレクトボンディングが適応とはいきません。

【南館歯科クリニックのダイレクトボンディングの特徴】
・マイクロスコープを使用し、健康な歯質をできる限り温存した、歯に優しい治療。
・ラバーダムを使用して、接着を阻害する細菌や水分の汚染を防ぐ。
・マテリアルにハイブリットセラミックスを使用し、天然歯に近い色調再現。
・圧倒的症例数による高い技術。(症例実績をご覧ください。)