HOME インプラント上部構造

インプラント上部構造

2017.05.02 | Category: インプラント,症例実績の記事一覧

こんにちは。
南館歯科クリニックの院長の木村です。

インプラントの症例をご紹介します。

左下小臼歯部のインプラント治療です。

この歯は、重度の歯周病に罹患していて、残念ながら保存不可と判断し、抜歯を行いました。

また骨の吸収も大きかったため、造骨処置(GBR)を行い、サージカルガイド(当院のガイドについては、こちらをご覧ください。)を用いて、ピンポイントで中央に正確に埋入しました。

前後の幅が比較的狭かったので、なかなか正確に入れるのが、案外難しいケースです。

また写真の矢印(黒)部分ですが、粘膜のボリュームが足りていません。
残念ながら、患者さんがそこまで望まれなかったのですが、この部分の粘膜ボリュームを増やす処置をさせて頂ければ、もっと審美的に回復が出来たケースと思っています。

現在は、アクセスホール(中央の穴)を仮封材で埋め、経過をみて問題なければ、審美材料で詰める予定です。

ちなみに、前後の歯は、セラミック、ジルコニアで審美回復をしました。

○○さん、順調にお口の中が変わってきましたね!
まだ他の治療もありますが、最高の結果を目指して頑張りましょう!!