HOME 前歯の部分矯正

前歯の部分矯正

2017.10.12 | Category: 症例実績の記事一覧,矯正

こんにちは。
南館歯科クリニックの木村です。

 

前歯の矯正のケースをご紹介します。

隙間や歯の捻じれに関して、以前から悩まれていたそうで、今回来院されました。

 

初診時の状態です。


 

本来、全顎(お口全体)の治療がベストではありましたが、相談の結果、一番気にされていた前歯のみの矯正で、主に見た目の回復を行うこととしたケースです。

部分矯正(前歯)は、装置が少なかったり、期間が短いなど、手軽に始められるメリットはありますが、その反面、適応は残念ながら限られてしまいます。

どんなケースでも治療できる訳ではないため、治療のゴールの妥協点を十分に理解していただく必要があったり、前歯だけでは望む結果が得られないなど、決して簡単な治療ではありません。

ですから、部分矯正はより慎重に診断を行う必要があるのです。

※注)お電話での「治療ができますか?できませんか?」などのお問い合わせは、ご遠慮ください。必要最低限の資料がなければ、治療の判断ができませんので、ご了承ください。

 

診断用模型から、副模型(レプリカ)を作製したところです。



予め決めておいた診断結果(どの歯を、どこにどれだけ動かすか)をもとに、セットアップ模型(治療後のイメージ模型)を準備していきます。

今回は、歯科技工士兼アシスタントの鈴木がセットアップ模型を担当しました。

彼女は、以前都内の審美矯正専門クリニックで技工士として働いていた経験があり、私の考えを十分に理解し、責任をもって準備してくれる頼もしいスタッフです。

 

セットアップ模型です。


奥歯も含めてスペースを閉じたいのですが、前歯のみの治療なので、治療のゴールは一部スペースが残るものとしてご理解頂いて治療をスタートしています。

 

装置をセットした直後です。


 

約2か月後の状態です。


 

上下とも順調に動いており、上の前歯は、ほぼ終了まできています。

下の歯は、解剖学的に動きが遅いので、もう少し治療期間が必要です。

 

○○さん、順調に改善して良かったですね。
もう少し期間はかかりますが、頑張りましょう!