HOME セラミッククラウンで治療

セラミッククラウンで治療

2011.06.13 | Category: セラミック

こんにちは。

南館歯科クリニックの院長の木村です。

左上の前歯をセラミックで治療した症例をご紹介します。

南館歯科クリニックのブログ
治療後

隣の歯に元々セラミックのかぶせ物があり

それに出来るだけ似せてほしいとの要望があったので

出来る限り色、艶などを合わせました。

虫歯が進行していて

歯の神経に細菌感染していたため

マイクロスコープ(顕微鏡)を使って

歯内治療(歯の根っこの治療)を行いました。

神経の入っている管がきれいになってから

再感染を起こさないように

顕微鏡を使って

緊密に薬を詰めています。

その後

歯の中(神経の入っていた管)が空洞になっているので

ファイバーポストと言われる補強材を使って

歯の補強をしました。

歯の補強が終わったら

顕微鏡を使って

正確に削りだしをし

精密に型取りを行い

セラミックの製作に入りました。

最後に

完成したかぶせ物を

お口の中で確認し

問題なければセメントで接着して終了となりました。

いろいろな工程があり

しっかりした治療を行うには

やはり時間がかかります。

みなさんのご協力があってはじめて

セラミック治療は成功すると思っています。

○○さん

がんばっていただきありがとうござます。

満足していただけて良かったです。

これからは

しっかりメンテナンスをして

治療したところが

一日でも長持ちするようがんばりましょう。

 

南館歯科クリニックの総合サイト

http://www.minamidate-dental.com/

南館歯科クリニックのインプラント専用サイト

http://minamidate-implant.com/