HOME 右上奥歯の顕微鏡歯内治療

右上奥歯の顕微鏡歯内治療

2012.02.06 | Category: 精密根管治療(マイクロエンド)

こんにちは。

南館歯科クリニックの院長の木村です。

右上奥歯の顕微鏡治療についてご紹介します。

銀歯の治療がしてあった歯で

その中が2次虫歯になっていました。

虫歯が歯の中の神経に感染していたため

神経の処置が必要な状態だったので

ご希望のあった

顕微鏡による歯内治療を行いました。

南館歯科クリニックのブログ

歯にゴムのマスク(ラバーダム)をかけた状態です。

これは根っこの治療において

口腔内細菌の感染リスクを減らし

精度の高い治療を行うには

とても重要となります。

南館歯科クリニックのブログ

治療後のレントゲン写真です。

(画像がわかりにくくてすみません。)

神経の管が3本あります。(向かって左側)

3本とも管の中を顕微鏡を使って清掃・消毒し

根っこの先までしっかり薬を入れました。

実は

右側の矢印(2本)の根っこも

顕微鏡による歯内治療を行った歯です。

根の先が2本にわかれている管でしたが

顕微鏡を使ってしっかり薬を入れました。

この2本の歯は

今後土台をたて

かぶせ物をしていく予定です。

○○さん

がんばっていただき

ありがとうございました。

南館歯科クリニックの総合サイト

http://www.minamidate-dental.com/

南館歯科クリニックのインプラント専用サイト

http://minamidate-implant.com/