HOME マイクロスコープによる歯内(歯の根っこ)治療

マイクロスコープによる歯内(歯の根っこ)治療

2013.02.22 | Category: 精密根管治療(マイクロエンド)

こんにちは。

 

南館歯科クリニックの院長の木村です。

 

顕微鏡歯内治療についてご紹介します。

 

細菌の再感染を防ぐため

歯(歯根)にラバー(ゴムのマスク)を装着して治療を行っています。


拡大像です。

顕微鏡で拡大した状況で根の先まで徹底して掃除をしています。


根尖といわれる根の先にピントを合わせた状態です。

分かりにくいですが(すみません<m(__)m>)
実際は鮮明に根尖が確認できています。

この歯は
長い細菌感染により根の先が壊れてしまい
根尖の組織が大きく見えています。

なかなか手強い症例ですが
出血や排膿もだいぶ落ち着いてきています。

このまま回復に向かえば
最終的なお薬を顕微鏡下で
根の先に詰めて歯内治療は終了です。

 

マイクロスコープによる歯内治療はもちろん魔法の治療ではないですが

治療自体の成功率は飛躍的に向上します。
また
汚染物の取り残しなどによる

根の先の病気の再発リスクも確実に減らすことができます。

 

○○さん

良くなってきていて良かったですね。
もう少しで治療が終われると思いますので
がんばりましょう。

 

 

南館歯科クリニックの総合サイト

http://www.minamidate-dental.com/

南館歯科クリニックのインプラント専用サイト

http://minamidate-implant.com/