HOME 前歯のオールセラミック治療(仮歯調整)

前歯のオールセラミック治療(仮歯調整)

2013.04.14 | Category: オールセラミック

こんにちは。

南館歯科クリニックの院長の木村です。

オールセラミック治療の症例についてご紹介します。

上の前歯の再治療をご希望された方です。

もともと
メタルボンドと言われる
金属の裏打ちがあり
その表面にセラミックを焼き付けた
被せ物で治療されていました。

出来る限り
今後金属は使用したくないとの希望があり
相談の結果
オールセラミックで治療を行うこととなりました。

神経の残っている歯で
できれば神経を温存した状態での治療を希望されたので
少しシビアではありましたが
マイクロスコープを使って
慎重に形成を行い
仮歯を入れて
歯の形態や歯肉の調整を行っています。


少し仮歯を浮かせた状態です。


仮歯をしっかりと装着した状態です。

見ていただくとわかると思いますが
被せ物の境目(マージン)を
歯茎の中に設定しています。(審美的回復を目的としているため。)

もちろん
生物学的幅径を考慮し
歯茎を傷めない様にしていますが

精度の高いマージン設定をするため
マイクロスコープを使って形成をしています。

*マイクロスコープ治療については、こちらをご覧ください。

これにより
歯茎の余計な退縮を防ぎ
審美的にも長期的な維持が期待できると考えています。

このあと
機能的にも審美的にも
患者さんが満足する形態を相談し
仮歯を調整しながら
完成を目指します。

南館歯科クリニックの総合サイト

http://www.minamidate-dental.com/

南館歯科クリニックの最先端専門治療サイト
http://www.minamidate-saisentan.com/

南館歯科クリニックのインプラント専用サイト

http://minamidate-implant.com/