HOME  左下小臼歯のインプラント治療。 ようやくここまで来ました。

 左下小臼歯のインプラント治療。 ようやくここまで来ました。

2013.06.28 | Category: インプラント

こんにちは。

南館歯科クリニックの院長の木村です。

左下小臼歯部にインプラント治療を行っている症例についてご紹介します。

現在
2次オペが終了し
ヒーリングアバットメントといわれる
歯肉を貫通するための器具が装着してあります。

実はこのケースは
もともとあった歯の病気の影響で
抜歯に伴い
骨が高度に吸収したケースです。

ブリッジ治療も検討しましたが
本人の希望により
インプラントで治療することしました。

骨造成を行い
インプラントを埋入しています。

写真でもわかるように
粘膜のボリューム不足があるので
粘膜の移植も検討しましたが(今回は、機能上の問題でなく、審美目的のため。)
患者さんの同意が得られなかったので

このまま
歯肉貫通部の歯肉形態を作りこみ
完成に持っていく予定です。

ちなみに
後ろの歯は
マイクロエンド(顕微鏡歯内治療)を行い
セラミッククラウン(被せ物)で治療してあります。

インプラントに近い部位で(近接している歯)
根尖病巣があったため
インプラントとは別に治療を行っています。

造骨部位やインプラントへの感染が怖いので
こういった症例は
事前にその歯の治療をしっかりと行っておく必要があります。

○○さん
もう少しですね。頑張りましょう!

 

南館歯科クリニックの総合サイト

http://www.minamidate-dental.com/

南館歯科クリニックの最先端専門治療サイト
http://www.minamidate-saisentan.com/

南館歯科クリニックのインプラント専用サイト

http://minamidate-implant.com/