HOME 左下大臼歯の治療 マイクロエンド後にジルコニアで治療

左下大臼歯の治療 マイクロエンド後にジルコニアで治療

2013.10.27 | Category: 精密根管治療(マイクロエンド)

こんにちは。

南館歯科クリニックの木村です。

左下の大臼歯を
マイクロエンド後にジルコニアで治療した症例についてご紹介します。

この方は
歯周専門治療も行っており
本当にご自身のお口の健康を真剣に考えておられる方なので
良くなって頂きたいと私も思っています。

この左下大臼歯ですが
頬側の根元の部分から虫歯が進行し
残念ながら
歯の神経まで感染していました。

根の治療の必要性および重要性についてご説明し
しっかり治療したいとの希望があったため
マイクロエンド(顕微鏡歯内専門治療)で根(神経)の治療を行っていきました。


根の治療途中です。

唾液や細菌の感染を防ぐためラバーをかけていますが
この歯は頬側の歯質が崩壊しているため
そのままではラバーがかけられないので
隔壁をつくってラバーがかけられる状態にしてあります。
(写真ではわかりにくくてすみません。)

これは根の治療においてとても重要で
治療中に唾液が浸入すれば
細菌の感染が起こり治療自体がだめになったり
また強力な殺菌効果のある薬剤が
外に漏れてはだめなので
しっかりと隔壁をつくり
ラバー処置を的確に行うことが
治療を成功させるうえでとても大切になります。



治療後です。

満足して頂きました。

奥歯ですが
やはり白い歯は良いですね。

もちろんこの方は審美的な回復も望まれていましたが
機能的な回復がメインです。

機能的にしっかりと治療を行ったことが
結果として審美的回復に繋がったわけです。

○○さん
本当に頑張って頂きありがとうございました。

南館歯科クリニックの総合サイト

http://www.minamidate-dental.com/

南館歯科クリニックの最先端専門治療サイト
http://www.minamidate-saisentan.com/

南館歯科クリニックのインプラント専用サイト

http://minamidate-implant.com/