HOME マイクロスコープを使用した精密印象(型取り)

マイクロスコープを使用した精密印象(型取り)

2014.12.11 | Category: オールセラミック

こんにちは。

南館歯科クリニックの木村です。

オールセラミッククラウン(被せ物)作製のための
型取りについてご紹介します。

マイクロスコープを使用し
歯肉縁下部分(歯周ポケット内)の歯質を慎重に形成したあと
歯肉に細工をし
専用のシリコン材で
精密に型取りします。

マージン部分(歯と被せ物との境目となる部分)の全周が
途切れない一本の線でつながっていることが大切です。
歯肉の深い部分のマージンですが
しっかり処理をしてあげることで
綺麗にとることが可能となります。

この治療(処置)は
精度の高い被せ物を製作するためには
とても重要です。

この記録をもとに
精度の高い被せ物を作製し
機能的、審美的修復をしていきます。

南館歯科クリニックの総合サイト

http://www.minamidate-dental.com/

南館歯科クリニックの最先端専門治療サイト
http://www.minamidate-saisentan.com/

南館歯科クリニックのインプラント専用サイト

http://minamidate-implant.com/