インプラント歯周病専門治療精密根管治療(マイクロエンド)

綺麗になってきました!

こんにちは。

南館歯科クリニックの木村です。

50代の女性の方のケースをご紹介します。

右側上下の奥歯の治療を行っています。

インプラントやマイクロスコープ下での根管治療、補綴治療(被せ物)を行いました。

勿論、並行して、お口の中の環境を整えるための歯周病治療も行っています。

治療前

以前治療した歯の状態が悪くなり、当院を調べて来院されました。

インプラントを行った部位の歯は、神経の処置がしてあり、痛みはありませんでしが、2次虫歯が酷く、また骨(歯槽骨)が破壊されており、残念ながら抜歯を行いました。

骨の状態も悪く、そのままではインプラントが埋入できなかったので、GBR(骨を造る処置)を行って埋入しています。

 

インプラントの手前の歯は、根管治療を行いセラミックの被せ物をしました。

奥の歯2本は、それぞれ2次虫歯でしたが、神経は感染していなかったので、健康なエナメル質は温存して、セラミックとジルコニアで治療を行いました。

治療後

満足して頂きました。

まだ下の歯の治療(今後、型どりをして、インプラントの上部構造を製作予定)がありますが、少しずつ綺麗になっていく自分の歯について、うれしそうに話している姿が印象的でした。

○○さん、もう少しで完成です!

頑張りましょう(^^)