精密根管治療(マイクロエンド)

左下の歯の顕微鏡歯内治療

こんにちは。

 

南館歯科クリニックの院長の木村です。


下の奥歯の顕微鏡歯内治療についてご紹介します。

 

 

 

細菌の再感染を防ぐため

歯(歯根)にラバー(ゴムのマスク)を装着して治療を行っています。

 

南館歯科クリニックのブログ

 

神経の入っていた管に白い物が入っていますが

前回までに顕微鏡で拡大した状況で根の先まで徹底して掃除をした後

目に見えない細菌を消毒するために入れておいた消毒薬(水酸化カルシウム)です。

これを綺麗に取った後強い薬でさらに管の中を洗っていきます。

 

 

南館歯科クリニックのブログ

 

本日膿や出血がないことを確認したので

最終的な薬を顕微鏡で確認しながら

根の先までしっかり詰めました。

 

南館歯科クリニックのブログ

治療後のレントゲンです。

 

実は隣の歯もマイクロスコープを使用して歯内治療を行いました。

 

マイクロスコープによる歯内治療はもちろん魔法の治療ではないですが

汚染物の取り残しなどによる

根の先の病気の再発のリスクは確実に減ります。

 

今後ファイバーポストで土台をつくり

セラミックのかぶせ物をしていく予定です。

 

○○さん

がんばっていただきありがとうござました。

もう少しで歯が入ります。

楽しみですね(^-^)