矯正

歯科矯正できれいにしたい! 

こんにちは。

南館歯科クリニックの木村です。

今回は、全顎矯正の症例をご紹介します。

初診の状態です。

過蓋咬合といわれるケースで、下の歯が深く咬み込んでいる状態です。

また前歯に欠損もあり、以前から見た目を気にしていたそうです。

相談の結果、きれいにしたいとのご希望があり、矯正を行うこととしました。

 

矯正装置を装着した状態です。

先ずは、上顎の歯に矯正装置(ブラケットとワイヤー)の装着です。

この段階では、下の歯に装置は付けれません。

ブラケットを装着するスペースが不足している為です。

上顎前歯をある程度圧下して(上方に押し上げて)から、下の歯に矯正装置を装着します。

 

上下の装置が付いた状態です。

ミラー側方観(右側)

ミラー側方観(左側)

だいぶ上顎前歯が圧下され、下の前歯とのスペースが出来てきたので、矯正装置を装着しました。

ここから下顎前歯も圧下(下方に押し下げる)を開始し、歯軸(歯の傾き)等の改善も行っていきます。

○○さん、順調に動いています。

きれいに歯が並ぶのは楽しみですよね!

また歯並びが改善されると、将来の虫歯や歯周病のリスクも軽減されます。

ご自身の口元に自信が持てるよう一緒にがんばりましょう!

 

山形市でマイクロスコープ治療専門の歯科医院
南館歯科クリニック
Tel:023-644-0018