インプラントインプラント手術用ガイド

デジタル歯科治療(iTeroを活用した症例)

こんにちは。

南館歯科クリニックの木村です。

今回は、「デジタル技術を活用した歯科治療」についてご紹介します。

 

右上臼歯部にインプラントをご希望されたケースです。

これまでの通常の流れ(当院のインプラント治療)として、歯科用CTを撮影し、口腔内の型どりをして、石膏模型を作製、その後インプラントシミュレーターソフトを使って、インプラントの埋入位置や術式の決定を行っていきます。

そして決定したシミュレーションデータと、専用の印象材(シリコン)で採取した歯型から石膏模型を作製して、コンピューター上で合成し、正確なインプラント埋入用ガイドの製作を行ってきました。

 

勿論、この方法はメリットも多く、正確なガイドを作る為には有効です。

しかしデメリットとしては、準備に時間がかかるという事がありました。

そこで、今回活用したのは、マウスピース矯正時に使用する「iTero」という光学印象用の機械を使ったガイド製作です。

iTeroは、マウスピース矯正で世界をリードするアラインテクノロジー社が提供する「インビザライン」を行う際に使用する専用の光学印象(デジタルで歯型を採取する)のマシーンです。

これを使用して、口腔内のデジタルデータを採取し、歯科用CTデータとPC上で合成し、その合成データ上で、インプラントのシミュレーションを行い、そのままインプラント埋入用のサージカルガイドを製作していく方法です。

歯科用CTデータの画像です。

iTeroによる光学印象データの画像です。

合成してシミュレーションを行っている画像です。

メリットは、1回のアポイントで、ほぼすべてのデータを採取することができ、最短で患者さん個々のカスタムガイドを製作できることです。(※全ケースで、適応となる訳ではありません。)

しかも、「さすがiTeroの光学印象」といった感じで、ガイド製作においては、問題ない精度です。

実際の模型とガイドです。

口腔内模型は、光学印象データを基に、専用の医療用樹脂で出来ています。

インプラントのシミュレーションデータを再現したガイドが、それにぴったりとフィットした状態で出来上がりました。

実際の口腔内でもフィット感に問題はなく、想定した位置に正確に埋入することができ、無事オペは終了しました。

○○さん、お疲れ様でした。

インプラントを埋入したところは、しばらくの間(数カ月)、安静期間です。

その間に、他の歯の治療もあるので、頑張りましょう!

口元がきれいになり、何でも美味しく食事ができること、気にせず笑うことができるように私たちも精一杯頑張ります。