インプラント

左下奥歯のインプラント治療

こんにちは。
 
南館歯科クリニックの院長の木村です。
 
左下にインプラント治療を行った症例についてご紹介します。
 
入れ歯治療がどうしても嫌だということで
当クリニックにいらした方です。


治療前の状態です。

骨幅が狭いところがあり
骨造成も検討しましたが
 
外科的侵襲をできる限り避けるため
コンピューター3D解析データを使った
ナビシステムにより作製した
サージカルガイドを使用し
幅が狭いところに
正確にインプラントを入れていきました。少しのズレも許されないケースでは
精密なガイドの使用がとても大切になります。
 
現在
当クリニックでは
正確で安全なオペを行うために

ナビシステムによるサージカルガイドは必要不可欠と考えています。*詳しくは、こちらをご覧ください。


治療後です。

○○さん
お疲れ様でした。
 
インプラントは入ってからが
また新しいスタートです。
 
長持ちさせるためにも

メンテナンスをしっかり頑張りましょう。