矯正

矯正あるある

こんにちは。

南館歯科クリニック歯科衛生士の佐藤です。

 

今回は、矯正治療中のあるあるを紹介します。

矯正治療では、当然ですが、歯を動かします。

動かし方は様々ですが、動かしていく過程で、歯と歯の間にすき間が開いてくる場合があります。

今までなかったところにすき間ができて、そこが閉じたと思ったら、別のところにすき間ができて・・・。

このすき間のお手入れがなかなかうまくいかない患者さんが多くいらっしゃいます。

一番奥の歯と、二番目の歯の間です。

物が挟まってしまっていて、隙間が全く見えてない状態。

これは、歯間ブラシを使って取り除いていきます。

だいぶ取れてきました。

フロスも使ってさらに除去。

 

ついに、取れました!!

こんなに挟まっていても、ご本人は気づいていなかったそうです。

南館歯科クリニックでは、マイクロスコープで見ている映像を録画することが可能です。ですので、鏡では見えにくい場所でも、患者さんと一緒に確認することが出来ます。

今回も、挟まっていた場所が左上の奥歯。鏡では見にくい場所です。

マイクロスコープでも映像を一緒に見ながら確認し、今度は自分で磨けるように磨き方の確認も行いました。

更に、今後の歯の動きによって、また同じような事が起きる可能性をお伝えしました。

物が挟まって、磨けていない期間があったために、歯ぐきが赤く炎症を起こしています。

物が挟まったまま、また別なものを食べて、どんどん歯茎の方に食べ物が押し込まれてしまって、痛みが出てしまう場合もあります。

矯正の治療中は、来院して頂いたときに、歯の動きの確認はもちろんですが、お手入れの確認もきちんと行わなければならないですね。

矯正が終わったら、虫歯だらけ・・・。なんてならないように、一緒に頑張りましょう(^^♪