インプラント

左下奥歯の欠損 インプラント治療

こんにちは。
南館歯科クリニックの木村です。
左下にインプラントを行った症例についてご紹介します。


治療前のレントゲンです。

 
この方は
もともと延長ブリッジといわれる方法で左下の治療がされていました。
(レントゲン向かって右側)
 
違和感と痛みで来院され
レントゲンで確認したところ
ブリッジの支台になっている3本のうち
奥の歯が虫歯で
しかもその虫歯が歯根の骨内の部分まで達していたため
保存が困難な状態でした。
 
ブリッジとくに延長ブリッジでは
このようなケースは多くみられます。
 
神経が取ってある歯の場合は
痛みなどの自覚症状が表れにくく
しかも気がついた時には
今回のように虫歯がかなり進行していたり
歯根破折を起こしていたりと
保存が困難な場合が本当に多いです。
 
相談した結果
どうしても入れ歯が嫌だとのことがあり(今回のケースは延長ブリッジは不可)
インプラントを2本使用し
治療を行っていくこととしました。


治療後のレントゲンです。

 


治療前です。


治療後です。

 
大変満足して頂きました。
 
○○さん
がんばっていただきありがとうございました。
これからはこのインプラントが一日でも快適に機能できるよう

一緒にメンテナンスをがんばりましょう!