歯周病専門治療

【歯周病治療】これが、口に入っていたなんて・・・

こんにちは。
南館歯科クリニックの歯科衛生士、山崎です。
今回ご紹介するケースは、歯が無くなってきて、日常生活に支障をきして来院された方です。

歯医者はギリギリまで行かない、なんて方の方が多い事でしょう。
だけど、ちょっと待ってください。
皆さんの口に、こんなものは付いていませんか?
(ちょっと刺激の強い写真になるかもしれません。)

 

そう、これは実際に歯に付いていた歯石なんです。
歯を失う原因になっていたのは、放置された歯周病でした。
こんなにすごい歯石が付いていても、痛みは殆ど無く、時々歯医者に行くたびに、歯を抜くという辛い結果になったのです。

というのも、歯周病はサイレントディジーズ(静かなる病気)と言われ、発症から進行まで、重症化して手が施せなくなるまで自覚症状無しで進みます。

もはや歯の暗殺者です。

そんな特徴もあって、歯医者に行かないと知らないうちに歯周病が進行して、特大の歯石が壁のように付いたり、歯周病が更に進行したり、歯を失ったりすることになってしまいます。

痛いかどうかは別として、この歯石がずっと口の中にあるのは気持ちがいいものではありません。

かかりつけ医による定期的なメンテナンスは、不必要な治療や損失の回避に直結します。

ご自身のお口の現状を正しく知りたいとお考えの方は、是非お問い合わせください。

歯周病治療のご紹介→https://minamidate-dental.com/mdc/
精密根管治療のご紹介→https://minamidate-dental.com/rootcanal/
当院の治療に対するこだわり→https://minamidate-dental.com/commitment/