歯周病専門治療

歯間ブラシとタフトブラシ

こんにちは。南館歯科クリニック、歯科衛生士の佐藤です。

歯周病により歯槽骨の吸収、それに伴う歯肉の退縮がみられるケースです。

全体的に良く磨いてくださっていますが、一か所だけ極端にプラークが残ってしまっています。

これは、左下の裏側です。プラークの染め出しを行ってみると、ベッタリと紫色に染まっています。

裏側なんて、考えただけでも磨きにくそうですね・・・。

何とか楽にプラークを落とすことはできないか?

では、やっていきましょう!

先ずは歯間ブラシを使います。このケースでは表側から歯間ブラシを通していきます。

この時に、ただ真っすぐ歯間ブラシを通すのではなく、角度を変えて、斜めにもしっかりと通していきます。

すると・・・

表側から通しただけなのに、ここまできれいになりました!!

ここからは、タフトブラシの出番です。

普通の歯ブラシでは当てにくくても、タフトブラシなら確実に狙って磨くことが出来ます。

普段の歯磨きで、どうしても苦手なところなどは、タフトブラシがおすすめです。

是非使ってみてください(*^_^*)