精密根管治療(マイクロエンド)

左下大臼歯 マイクロエンド

こんにちは。

南館歯科クリニックの院長の木村です。

左下大臼歯のマイクロエンドの症例をご紹介します。

神経の処置がすでにしてある歯ですが
以前から違和感があるとのことでした。

レントゲンで確認したところ
根尖に病巣(根尖性歯周炎)がありましたので
これが原因と判断し
相談の結果
しっかりと治療したいとの希望があったため
顕微鏡下での歯内治療(マイクロエンド)を行っていきました。

根の治療は
いかに無菌的処置ができるか(ラバーをかけた状態)
そして根尖2~3mmのところをいかに綺麗にできるかが勝負になると考えています。

マイクロスコープや
ラバー(ゴムのマスク)は
世界の歯内治療において必須となっています。

当クリニックでは
できる限り世界基準(グローバルスタンダード)での根管治療を提供したいと考えています。


治療途中です。

被せ物を除去し
根管内の感染した薬を除去したところです。
だいぶ汚染されていました。

薬剤や専用の超音波器機を使用し
顕微鏡下で化学的および機械的洗浄を行います。


LAD治療中です。

さらなる無菌化のために
専用の薬剤を入れ
LAD(光殺菌)をしています。

○○さん
もう少しで綺麗になりますので
頑張りましょうね(^-^)