オールセラミック

左上小臼歯の治療 セラミッククラウンによる審美治療

こんにちは。

南館歯科クリニックの木村です。

オールセラミッククラウンによる
審美治療を行った症例についてご紹介します。

もともと
メタルボンドといわれる被せ物がしてあった歯です。

よく噛めないことと
審美的に満足していないことが
再治療希望の大きな理由でした。

被せ物を除去すると
中が2次虫歯になっており
また根尖病巣もあったため
先ずは
マイクロエンド(顕微鏡下歯内治療)で
徹底して根の治療を行い
その後ファイバーコアで補強をして
被せ物をしました。


セット直後です。

実は下の歯も再治療希望で
オールセラミックで治療を行っています。

 


歯肉との馴染みも良好です(^-^)

今後は
さらに奥の歯や
反対側の歯の再治療を希望されているので
インプラントやマイクロエンド等の治療を行っていく予定です。

○○さん
治療にご協力いただきありがとうございます。