精密義歯(入れ歯)

入れ歯治療 大切な診査

こんにちは。

南館歯科クリニックの木村です。

精密義歯(吸着デンチャー)治療の症例をご紹介します。

上顎に対しての義歯(入れ歯)を製作中で
上顎と下顎との水平的な位置関係の記録を採っています。


その際に使用した装置です。

矢印のような図形(下の写真)が描かれているのがわかると思います。

患者さんと一緒に何度も確認し記録をとり
この図形を見ながら顎の動きを診査していきます。

もともと全く安定していない入れ歯をお使いだったため
顎の位置が不安定でしたが
リハビリテーションの結果
顎位が安定し
それとともに図形もだいぶ安定しました。

この水平的な位置決めは義歯の安定にとても重要となります。

もちろん
これまでの型取りや上下的な位置決めが正確であることが大前提です。

○○さん
もう少しで完成です。
頑張りましょう!