インプラント

右下のインプラント治療およびジルコニアクラウン治療

こんにちは。

南館歯科クリニックの木村です。

右下のインプラントおよびジルコニアでの治療を行った症例についてご紹介します。

初診の状態です。

残根(感染した根だけの状態)、
セラミックの被せ物がしてある歯、
2次虫歯になっている歯
の3歯の治療です。

セラミックの被せ物がしてある歯は
残念ながら歯根が折れているため
残根とともに抜歯しました。

治療法に関して相談し
入れ歯はどうしても嫌だということで
ここに2本のインプラントを使用し
かみ合わせを回復しました。


治療後です。

一番手前の2次虫歯だった歯は
強度を優先し
ジルコニアの被せ物で回復しました。

2本のインプラントのうち
手前のインプラントは
神経との距離や残存する骨量など
かなりシビアな状態で
埋入部位が限られたケースでしたが
CT解析診断から作製するガイドを使用し
かなり低侵襲(患者さんの身体的負担が少ないこと)なオペで
治療を行う事が出来ました。

この方は
他の部位も今後インプラント治療の予定があります。


⇩印の部位。
実はここの歯の歯根も破折していたため
抜歯したあと
仮歯のブリッジを入れて粘膜の回復を待っています。

この後
GBR(骨を造る処置)と
上顎洞挙上処置を行い
インプラント治療を行う予定です。

○○さん
頑張っていただきありがとうございます。
まだもう少し治療はかかりますが
良い結果を目標に
一緒に頑張りましょう(^^)