HOME 歯周病 健康に対する意識改革

歯周病 健康に対する意識改革

2018.09.25 | Category: 症例実績の記事一覧,歯周病専門治療

こんにちは。

南館歯科歯科クリニックの歯科衛生士の山崎です。

 

今回ご紹介する歯周専門治療のケースは、70代女性の方です。

最近奥歯が折れた事をきっかけに来院されました。

 

初診時

初めてお会いした時、これまでは痛い時しか歯科医院へ行くことはなかったそうで、本当は嫌だけど歯は悪くなったら抜くものだと思っていらっしゃいました。

確かに、折れた歯や歯周病でグラグラする歯など、どうしようもない場合もありますが、事前に適切な予防や処置を行っていれば、最悪の事態を回避できるケースも少なくありません。

幸いにも、まだ前歯部は多く残っており今から予防の為の治療をすれば、現状の維持が可能であることをお伝えして、歯周専門治療を行うこととなりました。

 

高齢ではありますが、初めてのブラッシングトレーニングも、しっかりとご自身のペースで取り組み、磨いて欲しい所をしっかりと磨けるようになりました。

また、初診時とは健康に対する意識も大分変ったように思えます。

今回の治療をきっかけに、歯を残そうと思って頂けた事が、とても嬉しく思います。

 

歯周治療終了後

※この後、折れた歯や虫歯、欠損部の治療を行っています。

 

残念ながら、悪くなったら治療するという考えの方は、未だに多くいらっしゃいます。

しかし、虫歯や歯周病は、もはや正しい予防知識を持っていれば高い確率で防ぐことのできる病気です。

後悔しない様に、〇〇さんには、今後も健康を大切にして頂ければと思います。