ダイレクトボンディング治療なら山形市の南館歯科クリニック

ダイレクトボンディング治療 BONDING

ダイレクトボンディング
治療について

ダイレクトボンディング治療とは

ダイレクトボンディングとは、小さなむし歯の部分を必要最低限だけ削り、削った部分に高品質なハイブリッドセラミックを盛り足して、天然歯に近い歯の形態や色味を再現することができる治療方法です。通常のむし歯治療では、むし歯以外の部分も削った上で詰め物をしますが、ダイレクトボンディング治療では、むし歯の部分のみを削って治療を行うので、健康な歯を多く残すことが可能になります。

このような場合はご相談ください

  • 再発しないむし歯治療を受けたい
  • 失ってしまった歯を自然に近い状態にしたい
  • 今の健康な歯をできるだけ長く使用したい
  • 歯の色合いや透明感を調整したい
  • 元の歯にできるだけ近い状態に復元したい

ダイレクトボンディングなら

ダイレクトボンディングは、小さなむし歯部分のみを必要最低限削り、その削った部分に高品質の歯科用ハイブリッドセラミックを直接接着させながら盛り足し、歯の形態や色味を回復させます。健康な歯質を可能な限り保存するため、歯の寿命への影響を最小限に抑えることができます。
また、ハイブリッドセラミックは、色合いや透明感を自由に調整させることができる材質なので、患者さんの元の歯に限りなく近い状態に復元することが可能です。
さらには、材料と歯を繋ぐ歯科用セメントを一切使用しないので、むし歯再発リスクも軽減することができます。

ダイレクトボンディング治療への
こだわり

元の歯に限りなく近づく治療方法を

ダイレクトボンディングは、長年の治療経験の中で、
患者さんの理想と歯科医師が考える理想が最も重なる治療方法です。
患者さんは「できるだけ元の歯に近い状態に復元したい」
と思われていると思います。
ダイレクトボンディング治療では、
高品質のハイブリッドセラミックを使用して
より天然歯に近い透明感や色調を実現させます。

マイクロスコープを使用した
再発しにくい治療

むし歯治療において、再発しない治療が最も重要になると考えています。ダイレクトボンディング治療では、マイクロスコープを使用してむし歯部分のみを取り除き、削った部分にハイブリッドセラミックを詰めて治療します。歯の象牙質と呼ばれる組織にハイブリッドセラミックが染み込むことで、歯自体が強くなり、むし歯への耐性が高まる効果もあるため、むし歯のリスクを極限まで抑えることができます。

POINT

通常のむし歯治療では、むし歯以外の部分も大きく削り、詰め物をする際には接着剤として歯科用セメントを用いて治療を行います。歯科用セメントは水分に弱く、長年お口の中にあることで接着面にすき間が徐々にでき、むし歯菌が入り込むことでむし歯が再発しやすくなります。
ダイレクトボンディング治療では、歯科用セメントは一切使用しないため、再発リスクを抑えて治療を行うことが可能になります。

多くの実績と
豊富な経験を活かした治療

当院のダイレクトボンディング治療では、ハイブリッドセラミックを使用して治療を行います。ハイブリッドセラミックの特性を理解し、材料が固まる瞬間に接着を行わないと歯から剥がれ落ちてしまうことがありますが、多くの経験と豊富な知識を持ち合わせた歯科医師が治療を行う為そのような心配はありません。また、患者さん一人ひとりの歯の構造を理解し、光の透け方までコントロールして天然歯に近い色味に近づけていきます。

POINT

ダイレクトボンディング治療は、治療を行う歯科医師の治療実績や経験によって大きく精度が左右される治療方法です。その為、ダイレクトボンディング治療を導入し、しっかりと治療を行っている歯科医院はまだまだ多くはありません。

年間約250本・約160
累計約26,000本・約1,300

の治療実績がある南館歯科クリニックにお任せください。
※2022年3月時点

ラバーダムを用いた
安全な治療

ラバーダムとは、治療を行う歯以外を覆うゴム製のシートで、ダイレクトボンディング治療を行う際には必ず使用します。ラバーダムを使用することで、治療中の細菌感染や唾液によるマテリアルの質の低下を防ぎ、接着力も向上するため長持ちする治療結果になります。接着環境を整えた上で治療を行わないと、むし歯の再発に繋がるため、ラバーダムの使用を徹底するようにしています。

ダイレクトボンディング治療の
メリット・デメリット

メリット

透明感・色調を自由に
決めることができる
素材を使用
自然の歯に近い
色合いを再現できる
歯にとって
優しい治療方法で安心
健康な歯の歯質を
できる限り保存できる
むし歯になりにくい
象牙質樹脂含浸層
(人工エナメル質)を形成
むし歯の再発を
抑えることができる
型作成無しで
治療期間を短縮
基本的に一度の通院で
治療をすることが可能
患者さんの負担を軽減
他の審美修復治療と
比較して経済的

デメリット

大きな範囲の治療には適さないので
修復可能なむし歯が限られる
マイクロスコープを使用して丁寧に
治療を行う為、治療時間が長くなる
(1本の治療に対して約1時間)

費用

歯科治療相談(60~90分) ※基本、初期検査後に行うものと致します。
※相談内容により、追加の検査が必要な場合がありますのでご理解ください。
※追加のご相談や時間の延長等に関しては、別途費用を頂きます。
※セカンドオピニオンをご希望の方、またはそれに該当すると判断される方は、事前に通院中のクリニックから資料等を頂くなど、ご準備をお願い致します。
3,300円~16,500円
歯科用CT撮影 ※必要に応じて撮影いたします。 1回5,500円~11,000円
パノラマ撮影 ※必要に応じて撮影いたします。 1回4,400円
デンタル撮影 ※必要に応じて撮影いたします。 1回550円
ダイレクトボンディング
(ハイブリッド
セラミック)
※古い詰め物やむし歯の除去等は、別途費用がかかります。 1歯44,000円~66,000円

※費用は全て税込み表記です。
※治療部位、症例の複雑度によって費用が変動する場合がございます。
※古い詰め物やむし歯の除去は別途費用がかかります。

お支払方法

現金または各種クレジットカードでの
お支払いが可能です。

現金

クレジット
カード

医療費控除について

その年の1月1日~12月31日までの間に支払った
医療費の総額が10万円を超える場合は、医療費控除の対象となります。
税務署へ確定申告を行うことで所得税の還付や住民税が軽減されます。

注意点・リスク・副作用