緊密に封鎖 |山形市の歯医者|南館歯科クリニック

トピックス TOPICS

緊密に封鎖 

こんにちは。 南館歯科クリニックの木村です。 精密根管治療の症例をご紹介します。 根管治療は細菌感染した根管内(神経の入っていた管)をいかに清潔にし、その清潔になった根管をきっちり封鎖することがとても重要です。 今回も数回お時間を頂き、根管内の清掃を徹底して行っています。 洗浄後、乾燥した状態です。 排膿や滲出液などもみられないので、この後根管充填処置(封鎖)を行いました。 接着剤となる薬を根管内および根尖に塗っています。   封鎖する材料を入れていきます。 封鎖終了後です。(下が拡大図。) この歯は、根管が3つあるので、他も同様に封鎖を行いました。 *精密根管治療について、詳しくは「精密根管治療 治療内容について」のページをご覧ください。 *当クリニックでは、現在再治療のご相談が多くあり、実際に古い被せ物や金属のコアを除去したところをお見せしながら、治療のご相談を行っています。治療には時間がかかるため、他の方の治療のご予約があり、アポイントが取りにくい状況ですので、ご希望の方は、お早めにご連絡ください。 ○○さん、根管治療お疲れ様でした。この後は、ファイバーコアでしっかりと土台作りをし、被せ物治療を行います。 勿論マイクロスコープ治療専門クリニックですので、すべの治療において、マイクロスコープを使って精度の高い治療を行っていきます。 きれいな歯が入るのが楽しみですね!