HOME インプラント治療 インプラント治療における原則

インプラント治療における原則

なぜインプラント治療が必要になったのか

当院では、インプラント治療を行うにあたり医学的観点から原則を設け治療に取り組んでおります。歯が抜けた、あるいは抜けそうだからインプラントといった安易な計画ではなく、インプラント治療の原則に基づいて治療計画を立て、欠損した部位にだけ焦点を合わせるのではなく、その方の口腔内をトータル的に診断し、5年先、10年先を見据えた治療を行っていきます。

インプラント治療を受けたいと考える方は、もちろん過去に健康なご自身の歯がそこにあり、家族や仲間達と美味しく食事が摂れ、笑顔であふれていたはずです。
決して抜歯は必然ではなく、医院がその歯に対し適切な処置や予防指導を行い、患者さんがその指示・指導を守りしっかり実行していれば、多くの場合、抜歯という結果には至らなかったはずです。

しかしながら、結果的に抜歯に至ったのであれば「歯が抜けた、あるいは抜けそうだからインプラント」といった安易な考えではなく、なぜ抜歯という結果に至ったのか、そして治療したインプラントや残存歯がどうすれば今後ダメになってしまうことを防げるのかということまで考えていかなければいけないのです。

「半年、1年持てばいい。」「ダメになったら、また治療すればいい。」とお考えの方は、それでも良いと思います。
しかしほとんどの方は、一度治療したところが長持ちしてほしいと望んでいるはずです。
ですから、インプラント治療の原則は守らなければならないのです。

症例実績を紹介
患者さんの素敵な笑顔
歯の健康を維持することができれば自然と笑顔も溢れます。
患者さんからの喜びの声、症例を紹介します。
ご予約から治療までの流れ