HOME 審美補綴治療 審美補綴治療とは

審美補綴治療とは

審美補綴(かぶせ物)治療とは、「見た目が美しくなる」治療法と誤解されている方も多いのではないかと思います。もちろん、見た目を美しくすることも大切な目的の1つではありますが、歯の本来持っている機能を回復させることも審美補綴の重要な目的であります。歯にコンプレックスを持っていて「人と話すことが苦手」「思いきり人前で笑えない」という精神的ストレスや悩みを解消するのも重要な役割の一つです。
南館歯科クリニックは、健康かつ白い歯こそ笑顔の最も重要なパーツであると考え、より多くの人に健康的できれいな口元を提供していきたいと考えています。

審美補綴の症例実績はこちらから⇒症例実績

当院の審美補綴治療について

1、診査・診断の重要性

審美とは、単に見た目だけはなく、機能美も重要です。
虫歯や歯周病、咬み合わせ、性別、年齢、顔貌などを総合的に診査し、医学的根拠に基づき総合的に診断を行います。

2、プロビジョナルレストレーション(仮歯によるリハビリテーション)

診査・診断により得られた結果から、一つ一つ問題を解決していきます。特に前歯の審美補綴の際は、いきなり最終補綴を行うのではなく、プロビジョナルレストレーションといわれる仮の歯を作製し、形態や咬み合わせなどの調整を行い(リハビリテーション)、最終的に入る歯のイメージを作っていき、本当に計画に問題がないかを見極めていきます。
この段階で上手くいかないようであれば、絶対に治療は成功しませんので、この工程はとても重要となります。

3、マイクロスコープ下での正確な形成(支台歯形成)と型どり(印象採得)

南館歯科クリニックでは、最終補綴物の精度に大きく影響を与える支台歯形成と印象採得をマイクロスコープ下で行います。この分野は、残念ながら歯科医師の技術に左右されます。
最終補綴物と歯の境目となるマージンといわれる部分を、マイクロスコープを使って正確に形成し、専用のシリコン材で明瞭に記録を採ることにより、極めて適合の良い被せ物や詰め物を作製することが可能となります。

マイクロスコープについてはこちらから⇒当院のこだわり(手術用顕微鏡マイクロスコープ)