HOME 審美矯正治療 プチ矯正のすすめ

審美矯正治療

矯正は高いから・・・と、諦めていたあなたに
プチ矯正のすすめ

このような悩みはないですか
当てはまるかたは、プチ矯正で解決しましょう

通常矯正との違いについて

1.目立たない!

通常の矯正治療は”いかにも矯正しています!”という金属の矯正装置が気になりますが、プチ矯正なら目立たない装置なので気になりません!

2.費用がお手軽!

通常の成人の矯正治療は100万円を超えるケールも少なくありませんが、プチ矯正なら通常の半分~1/4の費用で行えますので学生や主婦の方で始められる方が多いです!

3.短期間で!

通常の矯正治療は2年以上矯正を行うことがほとんどですが、プチ矯正なら、3~12ヶ月程度で、通常の半分~1/4の期間で歯並びを改善することができます!

つまり気になる前歯だけの歯並びを治したい方にとって理想的な矯正治療です

当院のプチ矯正の流れ

①診査・診断

部分矯正が出来るかどうかの診断を行います。
また歯周病や虫歯など、根本的に解決しなければいけない問題があれば、矯正治療自体がリスクになりますので、総合的な診断も行っていきます。

②診断結果の報告

診査結果のご報告を行い、治療のご相談を致します。

③矯正装置の装着

治療部位だけに装置を装着していきます。
複雑な装置ですので、お手入れもしっかりと行って頂きます。

④調整

2週間に1度、あるいは1か月に1度程度が目安となります。

⑤矯正期間終了

動的治療が終了したら、矯正装置を除去します。
きれいになった歯並びを維持していただくために、保定装置(リテーナー)を装着していただきます。動かす期間と同じ期間は、基本的に食事・歯磨き以外は装着してください。この期間が過ぎたあとは、就寝時に装着してください。矯正した歯は、後戻りをしようとします。装着しなければ歯並びは崩れますので、十分に注意しましょう。
(*状況によっては、固定式のものを選択する場合もあります。その場合は、リテーナーは必要ありません。)

⑥メンテナンス

歯並びだけではなく、歯周病や虫歯も注意しなければいけません。
プロのメンテナンスで管理をしていきます。

よくあるご質問 プチ矯正Q&A

前歯に被せ物がしてありますが、矯正はできますか?

被せ物や詰め物がしてあっても、部分矯正は可能です。ただし歯を動かすためのスペースが不足していたり、2次虫歯や根尖病巣(根の病気)などがあれば、治療ややり替えをしなければいけない場合もあります。

期間はどのくらいかかりますか?

基本的に4~6か月を目安としていますが、歯の動きには個人差があります。あくまで目安でしかお答えできませんのでご理解ください。

歯磨きは上手くできますか?

矯正装置は複雑なので、治療中はブラッシング指導や専門メンテナンスを行います。普段のお手入れよりは難しくなりますが、できないことはありません。歯周病や虫歯のリスクが高くなるので、しっかりと磨いてください。

保定装置はつけないとダメですか?

保定装置は、きれいに並んだ歯を後戻りしないようにするための装置です。そのため使用しなければ、歯は動いてしまいますので、付けていただく必要があります。(ただしこれは自己責任ですので、付けたくないという方は装着する義務はありません。)

後戻りはしますか?

部分矯正は、短時間で歯を動かしますので、その分後戻りも早いです。取り外しタイプのリテーナーを選択した場合は、それを装着しないと歯は動いてしまいますので、必ず指示をお守りください。