HOME なぜ定期検診が大切なのか

なぜ定期検診が大切なのか

2015.10.25 | Category: コラム

よく歯医者には虫歯になるまで行かない、虫歯になってから歯医者に行くもの、と勘違いされている方が多いのですが、実は歯医者,歯科は虫歯になって初めて行く、という性質のみを持つ医療機関ではありません。

では、虫歯になっていないのになぜ歯医者,歯科に行くのか、と問われれば、それは予防歯科、つまり虫歯の状態に歯がなってしまうのを未然に防ぐという予防的な検診の為に歯医者,歯科を利用する為です。

歯医者で定期検診を行うのは、歯が虫歯になってから治療する事よりも何倍も意味があります。

つまり、歯は一度虫歯になってしまうと、二度と健康な状態の歯に後戻りさせる事は出来ない為、歯が虫歯にならない前、もしくは軽度の虫歯の状態である時に定期的に歯医者で定期検診を受ける事で虫歯を未然に防ぐ事が出来る予防歯科としての意味と、虫歯が出来ていても定期検診を定期的に受けている事で比較的経度の虫歯の状態で虫歯を治療する事が可能となる、という意味が歯医者での定期検診にはあります。

また、虫歯は症状が進んでしまうと歯の神経を抜く抜髄という治療や、歯の根っこをお掃除する根管治療、そして虫歯が最悪の状態になってしまうと抜歯という選択肢のみになってしまうおそれもある為、歯医者での定期検診で虫歯を早めに見つけ、日ごろから虫歯を予防する意識付けをしておくのは非常に大切な事でもあります。