HOME 歯周専門治療

歯周専門治療

2018.01.13 | Category: 歯周病専門治療

こんにちは。

南館歯科クリニックの歯科衛生士の山崎です。

今回ご紹介する歯周専門治療のケースは、60代女性の方です。

治療済みの前歯が腫れてしまい、ブラシで軽く触るだけで出血する状態でした。

歯周専門治療 前

 

歯周専門治療 後


※右下は、インプラント治療の途中で、今後上部構造セット予定です。

 

歯周専門治療 前

歯周専門治療 後

治療前は、ご自身のブラッシングでも出血や歯肉の痛みを感じてしまい、無意識に加減していたそうです。

歯周専門治療のトレーニングにて、腫れを抑える手段と方法を一緒に確認し、実践して頂きました。

初めは、痛みや出血で恐る恐るという感じでしたが、次第に出血が治まってきたことを実感して頂くことができ、無事腫れを抑えることができました。

また、歯肉のラインも必要以上に退縮することなく回復したように思います。

 

オールセラミックやジルコニア等で、審美治療を行った後も、適切なセルフケアとプロフェッショナルケア(メインテナンス等)の両立を行うことで、美しい状態をより長く続けることが可能になります。