HOME インプラント 1次オペ

インプラント 1次オペ

2017.10.04 | Category: インプラント,症例実績の記事一覧

こんにちは。

南館歯科クリニックの院長の木村です。

 

インプラントのケースをご紹介します。

右上の歯が残念ながら保存することができず、抜歯を行いました。

 

このケースは、大事な骨が細菌感染によって、大きく吸収してしまっていました。

インプラント治療において、骨の量や質というのは重要な要素であり、今回のケースは、そのままインプラントを埋入することができなかったので、骨を造る治療を先に行い、十分な骨が出来上がってから、インプラントの1次オペ(埋入)を行いました。

 

オペ中⇓

○印の部分が造骨処置を行い、骨が出来上がったところです。

 

解析診断画像上で埋入位置を正確に決め、カスタムでサージカルガイドを作製し、理想的な位置に正確かつ安全に埋入していきます。

 

埋入直後⇓

○印の骨の部分に十分な厚みを確保した状態で、埋入することができました。

このあとインプラントが骨と結合するのを待ち、上部構造を製作していきます。

 

ちなみに手前の歯(写真ではインプラントの上に映っている歯)は、マイクロ専門根管治療を行っています。2次虫歯で、尚且つ根の中の感染がだいぶありましたが、なんとか残せそうです。

 

○○さん、頑張って頂きありがとうございました。