インプラントの2次オペ|山形市の歯医者|南館歯科クリニック

トピックス TOPICS

インプラントの2次オペ

こんんにちは。南館歯科クリニックの院長の木村です。   左下臼歯部のインプラントの症例です。 入れ歯を使用していましたが、どうしても抵抗があるということで、相談の結果、インプラントで治療を行うこととなりました。   1次オペ(インプラント埋入手術)は順調に終わり、インプラントが骨と結合する期間を待ち、本日2次オペです。 インプラント体と歯肉を貫通するための器具を試適しています。 システムによって、サイズや形態の違いがありますが、この器具はインプラント体から上部構造(歯の部分)が立ち上がる部分の歯肉を作っていく大切なものなので、なかなか悩みます。     今回は、下の写真のサイズに決定しました。   歯肉の治りを待ち、型どりや咬合の記録など、必要な資料を頂き歯を作っていきます。